• TOP
  • ライフ
  • 植松晃士氏 「この夏は、紺と白以外、着なくていい」

ライフ

2016.06.13 07:00  女性セブン

植松晃士氏 「この夏は、紺と白以外、着なくていい」

 何度もお話ししている通り、紺と白というのは、爽やかさ、清潔感、若々しさを象徴する色。そしてスポーティーな色でもあります。

 しかも、購入するのは白と紺だけと決めてしまえば、コーディネートはラクだし、経済的だし、しかも爽やかな印象が手に入って、一石三鳥。

 テレビなどお仕事モードの時は、この2色にグレーを加えることもありますが、日常のスタイルは、「紺×白」、「白×白」、「紺×紺」の組み合わせで充分、変化もつけられます。

 汗をかく季節ですから、家でばしゃばしゃ洗える素材を選ぶこともポイントです。

 それともうひとつ、私の提案は、「デパートに行こう!」、です。流行りのショッピングモールも、安くて素敵な流行のお洋服が揃っていますよ。ただ若い人向きの商品が中心なので、あの中から、“自分の逸品”を見つけ出すのは大変です。

 その点、デパートなら大人向きの品の良い流行を感じさせるアイテムを見つけ出しやすいんです。雨の季節のお出かけは少々憂鬱ですが、美術展や催事も豊富なデパートなら、一日中、楽しめますよね。お買い物に疲れたら、デパ地下でお総菜を買い、歩いてカロリーを消費した分、デザートをお土産にするのもいいですね。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年6月23日号

関連記事

トピックス