• TOP
  • 芸能
  • 逮捕されたキーボー 親子喧嘩で5回の警察沙汰起こした

芸能

2016.08.05 16:00  女性セブン

逮捕されたキーボー 親子喧嘩で5回の警察沙汰起こした

『3年目の浮気』がヒットしたヒロシ&キーボー

 厚労省の調査によると、2015年の日本人の平均寿命は、男性が80.79才、女性が87.05才で、いずれも過去最高。一方でこの数字が意味することは、高齢社会が抱える問題がますます深刻化するということだ。今でさえ介護離職者は10万人を超え、介護殺人も相次いでいる。

 そんななか、『3年目の浮気』のヒットで知られるデュオ「ヒロシ&キーボー」として活動していたキーボーこと山田喜代子(59才)が7月25日、コンビニで1600円のアイカラー1個を盗んだとして逮捕された。両親を介護していたというキーボー。容疑について否認しているというが、取り調べを受けている間、両親はどうなってしまうのか…。

 そんな不安を抱えながら、本誌・女性セブンはキーボーが両親と住んでいた静岡・浜松の実家へ向かった。その実家は、雨戸が閉められ、人の気配もなく、しんと静まり返っていた。近所の人によると、キーボーは昨年7月の父による警察沙汰の直後から、実家で一人暮らし。両親は同じ浜松市内にいるキーボーの弟と暮らしているという。

 昨年10月に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、両親がデイケアに行ってる間だからと、実家での取材に応じ、病院の食事レシピを見ながら朝・昼・晩の食事を作っていることや、夜は夜で、両親が気がかりで眠れないなどと、壮絶なダブル介護について話していたが、いったいどういうことなのか?

 キーボーの両親に話を聞くべく、彼女の弟宅をたずねた。夕方5時過ぎ。デイサービスの車が弟宅前に停まった。運転していた若い女性が後部座席のドアを開けると、老夫婦が降りてきた。キーボーの両親だ。足の弱った妻を、夫が支えるように手をそえる。夫は歩行補助杖をついている妻を介護士に任せ、自宅の玄関に向かってすたすたと歩き始めた。

 キーボーの事件の件で話を聞きたいと伝えると、娘の万引き事件について初耳だったというふたりは、「ほんと?」と声をそろえ、絶句した。認知症で要介護度2の夫・四郎さん(83才)に代わって取材に応じてくれたのは、要介護度1の妻・晴子さん(84才)。

「あれから連絡をとってないし、娘とは会ってもいません。手紙も何もありません」

 絞り出すような声でそう言うと、娘の身勝手さへの怒りと戸惑いと悲しみをにじませながら、一家に何が起こっていたのかをはっきりした口調で、よどみなく話してくれた。

 キーボーはデビューした1982年にリリースした1枚目のシングル『3年目の浮気』が爆発的ヒットを飛ばし、日本有線大賞や全日本有線放送大賞の最優秀新人賞を獲得するなど時の人となったが、その後3枚のCDをリリースするもヒットには恵まれず、2年後の1984年には活動休止となった。

 晴子さんと四郎さんが、キーボーの弟である息子宅に住むようになったのは昨年の7月から。息子が仕事をしているため、週5日は夫婦でデイサービスに通っている。

 晴子さんが言う「あれから」とは、キーボーがテレビなどで明かしていた、父親との警察沙汰だった。

関連記事

トピックス