芸能

有吉弘行と夏目三久との熱愛に関する不可解報道の真相

夏目との熱愛報道に有吉の母が口を開いた!

 スタジオ前に集った週刊誌各社の張り込み部隊が“渦中の男”を待っている──。8月29日深夜0時、有吉弘行(42才)は、東京・赤坂のテレビ朝日アーク放送センターで、レギュラー番組の収録に臨んでいた。

 固唾を呑んで出入り口を凝視する報道陣。同1時半、ようやく有吉が出てくる。「来たッ!」。記者が駆け寄ろうとした矢先、有吉は出入り口の真横に付けた自家用のベンツに乗り込み、猛スピードで発進。向かった先は、自宅の高級マンション。そこは、隣に恋人を住まわせてなお“ボロ”を出さない、鉄壁の要塞だった。

 8月24日、『日刊スポーツ』の一面に世は騒然となった。《夏目三久アナ(32才)が有吉の子ども妊娠》。2011年4月に放送開始した『怒り新党』での共演をきっかけに親しくなり、交際どころか夏目はすでに妊娠、レギュラー出演中の『あさチャン!』(TBS系)も来年3月までに降板するのだという。

《これを狐につままれたような気分というのか…》。同日夜、有吉はツイッターにこう綴り、双方の事務所も「事実無根」とコメントしたが、同紙は翌日の芸能面でも《有吉と夏目アナ年内結婚へ》と続けた。

 同28日、有吉は『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、「誤報記事を書かれた」と改めて否定。夏目本人は一切この件に言及していない。ワイドショーの芸能デスクが語る。

「有吉さんはすぐに否定しなかったし、夏目さんもだんまり。そのうえ、いまだに相反する情報が飛び交っているため、“真実”が見えなくなってしまった。でも夏目さんが結婚に向けて本気だったのは確か」

 2008年4月、日テレに入社した夏目は、1年目から人気番組『おもいッきりテレビ』に抜擢されるなど、将来のエースアナの地位が約束されていた。しかし、2009年7月、プライベート写真が『FLASH』に流出し、局アナ人生が暗転する。

 2011年1月、失意のまま日テレを退社。フリー転身した夏目を救ったのが、有吉だった。同年4月、新番組としてスタートした『怒り新党』で、有吉は件の騒動に早々に触れた。

関連記事

トピックス

裏金問題を受けて辞職した宮澤博行・衆院議員
【パパ活辞職】宮澤博行議員、夜の繁華街でキャバクラ嬢に破顔 今井絵理子議員が食べた後の骨をむさぼり食う芸も
NEWSポストセブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン