• TOP
  • 国内
  • デジタルタトゥーに悩む女性が急増 ライブチャットで被害も

国内

2016.10.15 16:00  NEWSポストセブン

デジタルタトゥーに悩む女性が急増 ライブチャットで被害も

 事務所関係者が筆者にみせてくれたのは、半裸の状態でカメラに向かい、卑猥な言葉を発しているM子の動画だった。名前こそ偽名だったが、紛れもないM子の姿。その偽名で検索すれば、M子の動画が少なくとも十数カ所のアダルトサイトに転載されて、今なお閲覧も、ダウンロードも可能な状態にあった。

「M子の解雇だけで済めば御の字。M子がモデルを勤めていたブランドなど、クライアントに知れ渡ると、M子に損害賠償をする可能性も否定出来ない。気の毒だとは思いますよ。たった一回、ライブチャットをやってしまったというだけで、あらゆる可能性の道が閉ざされる。でも仕方ない」

 前述のライターは、M子のように、気軽にライブチャットに参加する若い女性が増え続けている事を指摘した上で「デジタルタトゥー」被害が拡大するシステムについて説明する。

「風俗や水商売に比べ、ライブチャットは安心という間違った意識が女性にある。パソコンの前で下着になったり脱いだりしても、相手方がそこにはいないからです。しかし、相手方がその映像を録画している場合がある。違法に録画された映像は、そのまま”商品”となり、違法に運営されているアダルトサイト上で売買されます。このように違法が違法を呼ぶ状態に陥れば、様々なサイトに動画は転載され、回収も削除も、事実上不可能になる。永遠に、彼女達のあられもない姿がネット上を漂流し続ける事になるのです」

 さらに、アダルトビデオ制作会社幹部は、この問題が”チャットレディ”だけに限られた話ではないと分析する。

「以前は”ビデオやDVDだから、顔バレの可能性は低い”と、出演者女性は考えていました。しかし現在は、サンプルなど公式のものから違法な海賊版まで、アダルトビデオのほとんどがネット上で閲覧出来ます。一度出てしまえば一生残る、まさに”デジタルタトゥー”なんです」

 件の慶應のミスコン候補女子大生を始め、某有名アイドルや現役タレントなど、遠い過去のたった一度の過ちをネット上で掘り返されることにより、実生活はおろか、人間の尊厳までを毀損され続ける日々を甘受せざるを得なくなっている。彼女達がここまで執拗に追い込まれるのはやむを得ない事なのか。筆者には異常としか思えない。

 M子は事務所を解雇されると、職場も辞め、逃げるように実家に戻り、ひっそりと生活している。髪型も服装も、あえて自らの趣味に合わないようなスタイルにして、外出時にはマスクが欠かせない。医師からは「脅迫性障害」と診断され、まともに働く事も出来ないでいる。

「常に誰かに後ろ指を指されている気がします。いや、実際に私の映像は今も誰かに見られている。このまま一生まともな生活が出来ないのではないか」

 複数のアダルトサイトには、今日も新たな”ライブチャット”映像が違法にアップロードされ、中には児童ポルノや盗撮とおぼしき映像もまでもが散見される。サイトのサーバーが海外にある場合も多く、日本の司法がなかなか取り締まる事が出来ない事も、被害拡大の原因となっている現実がある。これといった対策が無い以上、今起きている悲劇を徹底的に周知させ、被害者になり得る人々への啓発を行う以外に手段はないだろう。

関連記事

トピックス