• TOP
  • 国内
  • 関東連合元最高幹部が実名告白「逃げてると思われるのが嫌」

国内

2016.10.24 11:00  週刊ポスト

関東連合元最高幹部が実名告白「逃げてると思われるのが嫌」

現在はIT企業を経営する柴田大輔氏

 有名タレントのAV転身が芸能ニュースを賑わし、一方では女優の出演強要が社会ニュースとなる。かつては世間の「オモテの話題」になることを避けるかのようにひっそりと行なわれていたAVビジネスが人口に膾炙するようになった背景には、「半グレ」と呼ばれる集団の暗躍があった。彼らは暴力や恫喝の一方でAVビジネスを手掛け、芸能界やIT業といった「オモテのビジネス」に繋げる足がかりに利用していた。

 市川海老蔵への暴行事件(2010年11月)や、六本木のクラブ殺人事件(2012年9月)などで世を騒がせた半グレ集団・関東連合。その「元最高幹部」が、自らが関わってきたAVビジネスの内幕を実名告白した──。(取材・文/伊藤博敏=ジャーナリスト)

 * * *
 現役時代は伝説の最高幹部と聞いていたが、現われた男は意外なほど小柄だった。背は160センチにも満たない。肩の盛り上がりに腕っぷしの強さを漂わせてはいるが、腰は低く、人当たりは柔らかい。

 柴田大輔氏(37)は、4年前の六本木クラブ殺人事件で多くの逮捕者を出し、事実上解体した関東連合において、圧倒的な腕力と商才で鳴らした男だった。

 彼は一連の事件について「工藤明男」のペンネームで綴ってきたが、この度、関東連合の「金脈と人脈」を全て明かす『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』(宝島社より10月27日発売)を本名で上梓した。

「偽名で逃げていると思われるのが嫌だった。関東連合に関するノンフィクションは今回を最後にもう書かないつもり。だから本名で全てを残したいと思ったんです」(以下、「」内は柴田氏)

 同書には彼らが六本木や西麻布の歓楽街を闊歩し、著名人らと交わっていく経緯が綴られている。その勢力拡大において重要な役割を果たしたのがアダルトビデオ(AV)だった。

関連記事

トピックス