• TOP
  • 国内
  • エリート大生集団暴行事件 集団の「ノリ」と「空気」も影響

国内

2016.10.29 07:00  女性セブン

エリート大生集団暴行事件 集団の「ノリ」と「空気」も影響

優秀な大学生の万能感が暴走を生む?

 東京大学の「誕生日研究会」と称されたイベントサークルの松見謙佑被告(22才・事件当時)ら5人が今年5月逮捕された。1次会の居酒屋、2次会の被告の1人の部屋にわたって、誘い出し、泥酔させた女子大生・A子さんを暴行した容疑からだ。

 松見被告らの調書によると、「誕生日研究会」の実態は、ガードのゆるい女の子に酒を飲ませて理性のハードルを下げていやらしいことをしようという目的で作ったサークルとある。被告人質問で松見被告は「なぜ普通につきあおうと思わないのか?」と聞かれこう答えている。

「そういった飲み会の…騒がしい雰囲気、乱れた雰囲気というのが楽しかった」

 2次会の場所となった家の家主・河本泰知(22才)もA子さんが泣き出し、同じく呼び出されていたB美さんが帰ったりするなかで、飲み会がつまらなくなっていたが、「周りの人間も茶化す雰囲気だったので、ぼくも同調して」と答えている。

 さらに場を盛り上げる役を自認する、A子さんの元カレである松本昴樹被告(23才)は当日の心境をこう明かしている。

「自分の感覚が麻痺していたというか、飲んで脱いだり脱がせたり、飲めばあり得ることと考えてたんで、特別止めようとは思ってなかったです。(中略)え~、まぁ…被害者が泣いた後、泣き始めたあとには、さすがに、という気持ちはありましたが、自分がわざわざ止めに入って白けさせるのもなぁという気持ちもあった」

 いずれも無理やり裸にされ泣いている同世代の女性への思いやりはなく、その場の雰囲気をいかに壊さないかということばかり考えている。信じられない。うちの子は違う。そう思う人が多いだろう。しかし、多くの大学生に話を聞くと、この3人が特別なわけではないことがすぐにわかった。

 野田大和さん(仮名、東大3年生)は、「そういう雰囲気になった時、やめろって言えるかどうか正直、自信がない」とこぼす。

「だって大学生活が充実するかどうかってサークルしだいでしょ? まじめに野球とかテニスをやるサークルだと、朝練とかミーティングとかが面倒だし、人間関係も濃そうだから、そこまでがっつり人とかかわるのは嫌だけど、サークルって重要だから、軽いノリのサークルには所属していたい。友達とかいないのってありえないし。だから、そういう雰囲気になったとき、“やめろ”って言ったら、永遠に“ノリ悪い”って言われそうでしょ。そういうのはキツい」(野田さん)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス