芸能

高樹沙耶を大麻漬けにした同居人が彼女を参院選に担いだ

「10年以上前から大麻解禁運動にのめり込んでいた男で、大麻取締法を廃止すべく、市民団体を作って活動していました。“大麻は煙草や酒より害がない”“医療用大麻を禁止しているのは先進国で日本だけ”というのが口癖で、高樹さんもすぐに彼の言う『大麻無害論』に染まっていきました」(森山容疑者の知人)

 ちなみに高樹の逮捕後に女医の西川史子(45才)がテレビで主張したように、「医療用大麻」というものは存在しない。どんな形で使おうとも大麻は大麻であり、使用すれば幻覚作用が発現し、WHOでも有害性が証明されている。

 高樹は2000年から、『相棒』(テレビ朝日)シリーズに主人公の元妻役で出演しており、事務所も彼女の大麻思想には危機感を持っていたという。

「過去の男性遍歴を見てもわかるように、高樹さんは恋人に共依存しやすいタイプ。あの男はやめておけ、と周囲は何度も忠告したのですが、高樹さんは聞く耳をもたなかった。むしろ彼にどんどん依存していき、2012年には事務所も辞めています」(前出・芸能関係者)

 石垣島に移住後「大麻草検証委員会」の幹部に名を連ね、今年7月の参院選には東京選挙区から出馬。街頭演説で医療用大麻解禁を訴える姿が注目を浴びたが、結果は落選。彼女を選挙に導いたのも、森山容疑者だった。

「彼はもともと東京の大田区で建設会社を設立しており、地元の政治家に顔が利くんです。参院選で高樹さんを担ぎ出すべく、区内の有力者に挨拶回りをしていた」(前出・全国紙記者)

 参院選からわずか半年後の逮捕劇は、彼女に投票した有権者への裏切りに他ならない。逮捕後、高樹の自宅から押収された乾燥大麻は100回分の吸引量に当たる55g。幻覚作用の強い花穂部分を多く含み、取引価格は通常の3倍という“極上品”だという。

※女性セブン2016年11月17日号

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
「JAPAN PODCAST AWARDS」で表彰される上出遼平氏(『ニッポン放送TV』の公式YouTubeチャンネルより)
元テレ東・大橋未歩アナの夫・上出遼平Pが退職へ「テレビはジリ貧」 敏腕テレビマン続々流出の背景
NEWSポストセブン
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二がYouTube開設「何で稼いでいるんだ」優雅なNY生活インスタに込めた真意語る
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン