芸能

中谷美紀 外国人男性と夜の西麻布で密着デート

外国人男性と密着する中谷美紀

 東京の冷え込みが厳しくなったのは11月も中旬に入ってから。その夜、風は冷たく、日付が変わる頃には小雨がぱらつき始め、アスファルトの色が変わっていた。そんななか、西麻布の路上に、傘も差さずに歩く1組のカップルの姿があった。

 飲食店から出てきたふたりは、人目を気にせず、身を寄せ合って歩いて行く。男性が女性の肩に手をかけると、それに応えるように女性は男性の腰にギュッと腕を回す。目深に被ったハットにロングコート、ロングパンツにバッグ、すべて黒でコーディネートした女性は中谷美紀(40才)。寄り添う男性は同世代の外国人男性だ。

 赤信号で立ち止まると、少し背の高い彼が、雨に濡れないように彼女を包み込むようにハグ。唇が触れんばかりに顔を寄せ合い、囁き合う会話はすべて英語。

 中谷といえば、語学が堪能なことで知られている。海外の映画祭では英語だけでなく、フランス語でも流暢な挨拶を披露。イタリア語も操る。小雨に濡れながら、会話を交わすシルエットはまるで映画のワンシーンのよう。その後、ふたりは、中谷の自宅へと帰って行った──。

 中谷は現在、『IQ246』(TBS系)で変わり者の監察医役を熱演中。この夏には『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)に主演し、美人ながら恋人のいないアラフォー女医役を演じた。

 私生活でも独身を貫いている。最近のインタビューでは、《実は私自身も結婚にはこだわっていません。幸せのカタチは人それぞれだと思っています》と明かしている。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン