• TOP
  • 芸能
  • 香取慎吾 スマステの代役をしてくれた中居・草なぎへの思い

芸能

2016.11.27 07:00  女性セブン

香取慎吾 スマステの代役をしてくれた中居・草なぎへの思い

香取慎吾が15周年を迎えた「スマステ」生放送を振り返る

『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)が15周年を迎えた。生放送で15年とは、さぞ大変だったのでは…? と思うが、その実態はどうだったのか。香取慎吾(39才)を直撃した。

 * * *
 23時15分からの生放送だが、早いと19時にはテレビ局に来ることもあるという。

「最初は『ベラベラステーション』のために、家庭教師について楽屋で英語の勉強をする時間がスケジュールに組み込まれていて、1時間勉強をしてたんです。…懐かしい。0時過ぎに番組が終わってからは、反省会をしてSmaTIMES(番組のフリーペーパー)用の絵を描いて。1時に出たら早い方で、遅くまでいる時は5時とか? 他局の人でもここに来ればぼくがいるとわかっていると、打ち合わせに来るんですよね(笑い)」

 本番前のルーティンとしてゲストに会うのは、香取自らのアイディアだとスタッフは言う。

「オープニング前に会わないと、いきなり生放送の本番でゲストと会うことになってしまうから。自分がほかの番組でゲストとして出させていただくこともあるので、ゲストの気持ちを考えると、とにかく気持ちよく帰ってほしいなと思うんです。

 生放送で、そもそも俳優さんの場合はバラエティーをやる人じゃないから苦手なかたも多いし、決していい状況じゃないと思うんですよ。でも、『あっという間で楽しかったです』と言ってくれたり、スマステならまた出てもいいかなと思ってくれたらいいな、と。

 いろいろなゲストが来てくださるから、自分が緊張するというよりも、緊張されているゲストの気持ちをほぐしたいという感覚の方が強いかもしれないです。だから、自分の緊張はいい意味で置いておける。この人の緊張をほぐせるかな…という、違う意味での緊張感はありますけどね。エンディングの時にゲストのかたがすがすがしくいられた時に、ぼくの緊張も一気にほどけて、“あぁ、今日もよかったな~”とほっとできるんです」

 緊張せずに安心してできるのは、番組でコンビを組むテレビ朝日・大下容子アナウンサーの存在も大きいと語る。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス