• TOP
  • ライフ
  • 高血圧患者の5割程度は降圧剤中止しても問題ないとの推測

ライフ

2016.12.05 07:00  週刊ポスト

高血圧患者の5割程度は降圧剤中止しても問題ないとの推測

高血圧患者に降圧剤はどこまで有効なのか

 同年代の友人と旅行に出かけると、朝食時にみんな降圧剤を飲んでいて大笑い──患者数1010万人と高血圧が「国民病」となった今では、そんな光景は珍しくない。しかし、医師の勧めるままなんとなく飲み続けている人が多いのも事実。このまま飲み続けていいものなのか疑問を抱いている人も少なくない。

 そこで、本誌は降圧剤の服用経験者である60歳以上の男女100人に緊急アンケートを実施した。その結果、「降圧剤をやめようと思ったことがある」と回答した人は51%。その中で「実際にやめられた」という人は45%という結果となった。

 やめられない理由として最も多かったのが「医師の指示」だ。

「『降圧剤をやめると命の保証はできません』と医師から脅されていたので、やめたいと思いつつも実行できなかった。私は上(収縮期)が150mmHgなので、高いのは自覚しているけど、同じぐらいの血圧で降圧剤を飲んでいない友人もいる」(60歳男性)

「降圧剤を飲む前は、上が155mmHg、下(拡張期)が95mmHgでした。最近は正常値で安定しているので、医者に『降圧剤をやめたい』と相談してみると、『薬のおかげで血圧が下がっているのだから、これからも飲み続けなさい』といわれた」(70歳男性)

 他にも「やめたら血圧が上がるかも、と不安」(72歳女性)、「万が一を考えるとやめる勇気が持てない」(64歳男性)など、“一度やめると命が危ない”ということが頭をよぎり、降圧剤をやめられない人が多いようだ。医師に「降圧剤をやめたい」と相談した65歳の男性・Aさんはこういう。

「たまに降圧剤を飲み忘れるが、そんなときでも上が140mmHg、下が85mmHg程度で安定している。それで主治医に相談したんですが、『脳の血管が破裂するかもしれませんよ。自殺行為だ』といわれた。血糖値もコレステロール値も正常なので、試してみてもいいような気もするんですが……」

関連記事

トピックス