• TOP
  • 芸能
  • 真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

芸能

2016.12.21 07:00  NEWSポストセブン

真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

ついに完結した『真田丸』(公式HPより)

 今月18日に1年に及ぶ放送を終了したNHK大河ドラマ『真田丸』。全50話の平均視聴率は16.6%で、過去5年の大河作品の中で最高の数字を記録した。ネット上でもこれだけ話題を集めた大河ドラマはほかにないだろう。その面白さについて、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが総括する。
 
 * * *
 そんなわけで『真田丸』完結でロスの方々も多いと聞く今日この頃。改めて『真田丸』がこれまでの戦国大河ドラマとどう違っていたか。考えてみたいと思う。

【その1】 やっぱり後半にもあった「ちょっと出俳優陣」
 
 以前、このコラムでは「『真田丸』上半期ほぼ一話にしか出なかったがいい味を出していた」ということで、武田勝頼(平岳大)、織田信長(吉田剛太郎)、明智光秀(岩下尚史)、秀吉の妹旭姫(清水ミチコ)などの名前を挙げさせてもらったが、後半、それも最終回にちらっと面白い顔ぶれが登場した。

 幸村がいよいよ徳川本陣を急襲するというとき、やる気満々で彼を迎えた面々。全員むさ苦しく、誰が誰だかよくわからないし役名クレジットも出なかったが、よくみると博多華丸!? 実は彼らは2015年末に発表されたスペシャルムービー『ダメ田十勇士』の面々。

 最終回に出てきたメンバーは、真田愛で突っ走る六郎(矢本悠馬)、チームのリーダー忍びの才蔵(華丸)、オカマでありながら男気の持ち主鎌之介(梅垣義明)、ひねくれ者で泣き虫の甚八(岩井秀人)、歌と宴が大好きな清海入道(松村邦洋)、その弟で大食漢の伊佐入道(脇知弘)、火縄銃を使う十蔵(鈴木拓)。合言葉は「WE LOVE SANADA!」…って、十勇士なのに十人いませんけど?
 
 もちろんこれは伝説的に語られる「真田十勇士」がモチーフだが、全員がおとぼけムードなのはさすが『真田丸』流。ただし、ダメ田十勇士がお笑い一辺倒かと思ったら、意外にも無名の兵の戦の厳しさを見せる。ぐっとくるのである。スペシャルムービーの企画・脚本・監督は博多華丸主演の傑作ドラマ『めんたいぴりり』を手がけた江口カン。さすがだ。その彼らが、ドラマ本編最終回で憧れの幸村本人から「命を惜しめ」と言われる。なかなかに泣かせる演出だった。

【その2】大事件をあえて見せない

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス