芸能

嘘の戦争、銀と金など、「非日常」味わえる冬ドラマ4選

小泉今日子の悪妻ぶりが痛快(『スーパーサラリーマン左江内氏』HPより)

 現在オンエア中の「冬ドラマ」。どの作品を見ればいいのか悩んでいるという人も少なくないのでは? そこで、とくに刺激的な「非日常」を与えてくれる4作品を紹介する。

◆『嘘の戦争』
毎週火曜21時、フジテレビ系
【あらすじ】幼い頃に家族を殺された浩一(草なぎ剛)は、犯人の顔を見たにもかかわらず、誰からも信用されず、「嘘つき」呼ばわりされる。そのことから詐欺師となり、真犯人に復讐を誓う。

 天才詐欺師・浩一は、詐欺をはたらくためなら相棒の女詐欺師ハルカ(水原希子)を日帰りでニューヨークに行かせたり、自らが大けがを負うこともいとわない。しかも、詐欺師の浩一が立ち向かう相手が、さらなる悪人という構図は、勧善懲悪の時代劇にも似ているが、こんな違いもあると心理セラピストの内藤由貴子さん。

「警察も味方ではない絶望の中、悪事で自分の利益を貪むさぼる人々を、『水戸黄門』のように懲こらしめられない浩一の武器は、自らの頭脳を駆使した“嘘”だけ。この不透明な時代に、罠に落ちた人が、どう希望を見いだすか、浩一の行動は救いになりそう」(内藤さん)

◆『視覚探偵 日暮旅人』
 毎週日曜22時30分、日本テレビ系
【あらすじ】視覚以外の感覚を失った旅人(松坂桃李)が、研ぎ澄まされた視覚だけを頼りに相棒・雪路(濱田岳)と事件解決に挑む。

 5才のとき巻き込まれた事故がきっかけで、五感のうち視力以外を失った旅人。どこかひょうひょうとしていて頼りないようでいて、最後にはきちんと事件を解決する彼の姿は、勇気や希望を与えてくれると、TV・ドラマ解説者の木村隆志さん。

「目しか見えないという、想像を絶するハンディキャップを負っているのに、それすら酷使しすぎて失明の危機にあるというハラハラの状況。それでも犯人の手がかりを見つけようとする思いは何なのだろうと思います。幼少時代に過酷な監禁生活を強いられ、感覚を失ったようですが、その背景はまだ謎に包まれています。そのミステリアスな部分に、日常を忘れる刺激が隠れています」(木村さん)

 過去に関係があったと思われる保育士・陽子(多部)とのロマンスも気になるところ。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン