芸能

嘘の戦争、銀と金など、「非日常」味わえる冬ドラマ4選

小泉今日子の悪妻ぶりが痛快(『スーパーサラリーマン左江内氏』HPより)

 現在オンエア中の「冬ドラマ」。どの作品を見ればいいのか悩んでいるという人も少なくないのでは? そこで、とくに刺激的な「非日常」を与えてくれる4作品を紹介する。

◆『嘘の戦争』
毎週火曜21時、フジテレビ系
【あらすじ】幼い頃に家族を殺された浩一(草なぎ剛)は、犯人の顔を見たにもかかわらず、誰からも信用されず、「嘘つき」呼ばわりされる。そのことから詐欺師となり、真犯人に復讐を誓う。

 天才詐欺師・浩一は、詐欺をはたらくためなら相棒の女詐欺師ハルカ(水原希子)を日帰りでニューヨークに行かせたり、自らが大けがを負うこともいとわない。しかも、詐欺師の浩一が立ち向かう相手が、さらなる悪人という構図は、勧善懲悪の時代劇にも似ているが、こんな違いもあると心理セラピストの内藤由貴子さん。

「警察も味方ではない絶望の中、悪事で自分の利益を貪むさぼる人々を、『水戸黄門』のように懲こらしめられない浩一の武器は、自らの頭脳を駆使した“嘘”だけ。この不透明な時代に、罠に落ちた人が、どう希望を見いだすか、浩一の行動は救いになりそう」(内藤さん)

◆『視覚探偵 日暮旅人』
 毎週日曜22時30分、日本テレビ系
【あらすじ】視覚以外の感覚を失った旅人(松坂桃李)が、研ぎ澄まされた視覚だけを頼りに相棒・雪路(濱田岳)と事件解決に挑む。

 5才のとき巻き込まれた事故がきっかけで、五感のうち視力以外を失った旅人。どこかひょうひょうとしていて頼りないようでいて、最後にはきちんと事件を解決する彼の姿は、勇気や希望を与えてくれると、TV・ドラマ解説者の木村隆志さん。

「目しか見えないという、想像を絶するハンディキャップを負っているのに、それすら酷使しすぎて失明の危機にあるというハラハラの状況。それでも犯人の手がかりを見つけようとする思いは何なのだろうと思います。幼少時代に過酷な監禁生活を強いられ、感覚を失ったようですが、その背景はまだ謎に包まれています。そのミステリアスな部分に、日常を忘れる刺激が隠れています」(木村さん)

 過去に関係があったと思われる保育士・陽子(多部)とのロマンスも気になるところ。

関連記事

トピックス

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン