• TOP
  • 芸能
  • ビートたけし「失敗した芸能人はとりあえず外せ」の風潮批判

芸能

2017.02.05 07:00  NEWSポストセブン

ビートたけし「失敗した芸能人はとりあえず外せ」の風潮批判

 わざわざ学校側が中1の頃の出来事を持ち出して「お前じゃダメだ」というなんて、ゼンゼン生徒のことを考えてやっていない。目の前にいる生徒を、自分の目でキチンと判断してやるのが教師の役目だろ。

 万引きの有無なんて関係なく、「今のお前だったら自信をもって推薦できる」って言ってやれなかったのかって話でさ。いつの間にか学校も「減点主義」になっているから、こんな悲劇が起こっちまうんじゃないか。

 自分たちに「責任」が及ばないように、「とりあえず臭いものには蓋をする」「一度失敗したヤツは念のため外しとく」ってのは、本当に残酷だってことを知るべきだよ。

※ビートたけし/著『テレビじゃ言えない』(小学館新書)より

関連記事

トピックス