芸能

坂口健太郎の新旧彼女が同席 波瑠と高畑充希、視線合わず

視線を合わさなかった高畑と波瑠

「交際報道後初のツーショット登壇とあって、力が入りました。もちろんどの社の狙いもあの2人。ただ、1人挟んで隣にいた彼女のことが気になって気になって…」(スポーツ紙カメラマン)

 2月2日に行われた『第41回エランドール賞』は坂口健太郎(25才)と高畑充希(25才)カップルが受賞するとあって、例年以上の注目度に。会場には100人を超える報道陣がつめかけた。

『エランドール』とは、フランス語で「黄金の飛翔」という意味。60年以上の歴史ある賞で、毎年12月1日から翌年11月30日までに発表された映画やドラマから優れた作品、プロデューサー、俳優たちが選ばれる。

 中でも『新人賞』は、第1回では石原裕次郎(享年52)、高倉健(享年83)が受賞している名誉ある賞で、原則として6人以内の男女合わせた俳優たちが選ばれる。

 今年はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』などに出演した坂口や高畑、『あさが来た』などのディーン・フジオカ(36才)、波瑠(25才)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の星野源(36才)、映画『怒り』の広瀬すず(18才)が受賞した。

「どうしたって坂口さん、高畑さん、波瑠さんの並び順が気になります。高畑さんは坂口さんの今カノ、波瑠さんは元カノですから。交際期間はかぶってはいなかったものの、高畑さんは波瑠さんから朝ドラバトンを引き継ぐという縁もありましたしね…」(芸能関係者)

 気になる立ち位置は右から坂口、高畑、ディーン、波瑠、星野、広瀬の順に。話題のカップルが「偶然」隣り合うことになったものの、その隣に波瑠が立つことはなかった。

「3人が並んでスリーショットを撮られないように、事務所側から指令があったのでは…という声も現場ではあがってました。変に勘ぐられないように、ディーンさん1人挟むという“絶妙”な距離にしたんじゃないかと」(前出・スポーツ紙カメラマン)

 実際は、男女交互に五十音順で並ぶのが通例で、坂口・高畑カップルが隣同士なのも、波瑠との間に1人挟まったのも単なる偶然なのだとか。

 そんななか、高畑は坂口とのことを聞かれ、「どんなスピーチをするか話していました」と、舞台裏での仲よしエピソードを明かした。

「交際について触れてこなかった高畑さんにしては相当なリップサービスですよ。“3人”から目をそらせたかったのかもしれません」(前出・スポーツ紙カメラマン)

 高畑と波瑠の目線が合うことは一度もなかった。

※女性セブン2017年2月23日号

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン