• TOP
  • 芸能
  • ワンオクTaka他 バンドマンに転身した元ジャニーズの明暗

芸能

2017.03.03 16:00  NEWSポストセブン

ワンオクTaka他 バンドマンに転身した元ジャニーズの明暗

ONE OK ROCKのTakaも元ジャニーズ(公式サイトより)

 幅広い世代に人気を集めているロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」。ヴォーカルのTaka(28)は、森進一と森昌子夫妻の長男として生まれたが、“二世歌手”というイメージを払拭する高い歌唱力と表現力で各界からの評価も高い。

 Takaがバンド活動を始める以前は、ジャニーズグループ「NEWS」のメンバーだったことはよく知られている。元ジャニーズではTakaの他にも、元「NEWS」メンバーの草野博紀(29)が「Porehead」のヴォーカル、また「KAT-TUN」のメンバーだった田中聖(31)は「INKT」のヴォーカルとして、それぞれバンド活動をしている。

 ジャニーズの人気グループからバンドマンに転身した面々のなかでも、やはりTakaが圧倒的にバンドマンとして日の目を見ている状況だが、この明暗を分けたものは何だったのか。

 過去には「NEWS」や「KAT-TUN」のコンサートにも足繁く通っていたというジャニーズファンの女性Aさん(28歳)は、こう語る。

「草野くんも聖くんもそれぞれバンドで頑張っている姿は、しっかりブログやツイッター、ライブなどに通って追っています。2月には代官山のライブハウスで草野くんのバンド『Porehead』と聖くんの『INKT』が対バンして、ファンの間では話題になりました。それぞれ元ジャニーズだけあってお客さんの煽り方がとても上手いし、盛り上げるのはすごく上手だな、と思いました。

 ただ、バンド自体の完成度でいえば、もうワンオクはまったく別の次元にいる。TakaはNEWSでデビューする以前のジュニア時代から、『歌がうますぎる』と有名でした。昔からのファンからすれば、元々のスタート地点が違うんです。

 聖くんはKAT-TUN時代はラップが専門だったので、歌で勝負していくのは大変ではないでしょうか。草野くんは声が細くクリアですが、その方向性ではすでに圧倒的な歌唱力のTakaが、壁として立ちふさがっています。似たようなジャンルのバンドなので、先陣のワンオクを越えるのはそう簡単ではないと思います」(Aさん)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス