• TOP
  • 芸能
  • 監督が語る遠藤、大杉、田口、寺島、松重、光石の素顔

芸能

2017.03.04 07:00  女性セブン

監督が語る遠藤、大杉、田口、寺島、松重、光石の素顔

「フケメン最高」と話題のドラマ『バイプレーヤーズ』

 ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(テレビ東京系、毎週金曜0時12分~)が話題だ。

 深夜の放送にもかかわらず、SNSでは女性たちが「オジさんたち、かわいい」「フケメン最高!」と絶賛。しかも、大物&主演クラスの俳優がこぞって出演を熱望する事態に。なぜ、ここまで話題となったのか?

 日本を代表する名脇役、遠藤憲一(55才)、大杉漣(65才)、田口トモロヲ(59才)、寺島進(53才)、松重豊(54才)、光石研(55才)のもとに、役所広司(61才)主演でリメイクする映画『七人の侍』への出演依頼が届くところから、物語は始まる。

 メガホンをとるのは中国を代表する名監督チャン・イーモウ(65才)。撮影前に結束を固めるため、彼らはひとつ屋根の下での共同生活を命じられる。しかし、そこにはある事件が隠されていた…。

 監督は、松居大悟さん(31才)だ。蒼井優(31才)主演の映画『アズミ・ハルコは行方不明』など、青春群像劇を得意としてきた彼が、ベテラン俳優と組む。その化学反応が魅力を倍増させていると、プロデューサーの浅野敦也さん。

「最初の顔合わせの時、6人の威圧感がすごかった(笑い)。撮影が始まってからは、ぼくら若手が見たいと思える6人を撮らなければ、と必死でしたが、皆さん、ぼくが考えた脚本や演出を遥かに超える演技をしてくださる。ぼく自身は毎回、放送を見て、反省の連続です」(松居さん、以下「」内同)

 そんな松居さんが見た6人の素顔からは、彼らの人となりとチームワークのよさがうかがえるという。

「大杉さんは、このドラマに対する思いが誰よりも強くて、次のシーンはこうしたいと、毎回提案してくれます。松重さんは、視聴者目線で意見をくださるし、遠藤さんは顔の怖さを超えれば(笑い)、友達に近い感じでなんでも話せます。田口さんは常識人なのに、演技となると予測不可能なことをする掴みどころのない人。寺島さんは、お酒の席では“おれのこと面倒くさいと思っているだろ?”“おれのカット少ないんじゃねえの?”と絡んでくる(笑い)。

 責任感が強くて繊細な人で、光石さんは天使。ほかの演者が好き勝手なことを言いだしたら“ごめんね”とフォローしてくれる。優しいから、キャストもスタッフも光石さんに甘えています」

 番組の人気は業界内にも広がり、大物俳優にゲスト出演を依頼すると、誰もが二つ返事で出演を快諾する。

「第1話ゲストの役所広司さんも、“6人が出るなら”と快く出演してくれましたし、第7話の椎名桔平さんは自ら出たいと志願してくれました。ほかにも“出たい”という声をたくさんいただいています」

 そう浅野さんが語るように、岡田将生(27才)、夏川結衣(48才)、大森南朋(45才)の出演も決定。

「最終回はずっと連ドラで主演を務めてきた俳優さんをはじめ、多数の大物ゲストが登場します」(浅野さん)

 20、30代ではかもしだせない大人の魅力。どっぷりはまってみようじゃない!

※女性セブン2016年3月16日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス