• TOP
  • 国内
  • 籠池一家の闇 小学生を叩いて逮捕、引きこもり、自殺…

国内

2017.03.31 16:00  女性セブン

籠池一家の闇 小学生を叩いて逮捕、引きこもり、自殺…

「いつもサイズの合わないみすぼらしい服を着させられていたんです。籠池さんは試合を見に来たことは一度もないし、諄子さんは子供が試合に負けると“おまえなにやっとんじゃ、ボケ! 殺すぞ!”と口汚く罵る。家では子供たちに包丁を向けて怒鳴ることもあったそうです」

 高校を卒業すると、三男は髪を金髪に染め、家に引きこもった。

「最初は相当もめたらしいですが、夫妻からは見放された状態になった。三男は家を出て諄子さんの実家で暮らしていましたが、21才の時に首を吊って自殺したんです。今から6年ほど前のことでした」(前出・一家を知る人物)

 第二子で長女の町浪氏と末っ子の次女(26才)はともに塚本幼稚園に勤めている。

「森友学園の次期理事長として後継指名された町浪さんは、保守系の論客としてシンポジウムに参加するなど、両親の思想まで継承しているようです。ですが、保護者の中には両親の言いつけだけを忠実に守るロボットのようにも感じる人もいます」(前出・幼稚園関係者)

 昨夏、雑誌のインタビューに登場した町浪氏は次のように語っていた。

《私が塚本幼稚園の教諭になって受け持った子が、小学校のギャップに何度も園に来てはSOSを受けたことがあります。小学校教員の劣化は私も聞いてはいました。(中略)居ても立ってもいられず、小学校に乗り込みました》

“行動力”は、諄子氏譲りのものなのだろうか。

「次女も保護者に厳しい目を向けます。経験が浅いということもあるのでしょうが、一度キレると諄子さん以上。まだ10代の頃、精神的に不安定な状態に陥ったこともあったそうで、その原因も厳しすぎる両親からの教育方針にあったといいます」(前出・一家を知る人物)

 教育勅語の得目の中には、両親やきょうだい家族を尊ぶというものもある。だが、夫妻は諄子氏の母親とも寛氏の死後、20年以上、没交渉に陥っているという。

 家族、家業を守ろうとするあまりできあがった窮屈な関係が、いつしか家族をバラバラにしたとしたら、これほど皮肉なことはない。騒動はいまだ収束を見ない。その間にも、籠池ファミリーは着々と“エネルギー”を蓄え続けている。

※女性セブン2017年4月13日号

関連記事

トピックス