• TOP
  • 芸能
  • 千鳥に密着「クセがすごい」にまつわるテンポ良いやりとり

芸能

2017.05.21 07:00  女性セブン

千鳥に密着「クセがすごい」にまつわるテンポ良いやりとり

写真左からボケ担当の大悟、ツッコミ担当のノブによる漫才コンビ・千鳥

 上方漫才大賞受賞(2013年)、冠番組スタート、そしてスキャンダル発覚。人気芸人として、順風満帆な道を進む千鳥。結成17年、同級生コンビの仕事の裏側に、東京進出前から変わらないマイペースさと、“クセがすごい”笑いへの姿勢を垣間見た。

 千鳥に密着したこの日。『ルミネtheよしもと』(東京・新宿)でも、「クセがすごい」と言った途端、立ち見までびっしり入った客席は大爆笑。

「あのフレーズは今から15年くらい前、ネタを作ってるとき偶然出てきたんですよ。わしがすごい音痴で歌ったら、ノブが“クセがすごいわ”と」

 と、大悟。ノブには“クセがすごい”歌い方のイメージがあったそうで、

「アーティストで、ライブになるとすごくアレンジをきかせる人がいらっしゃるでしょう? いやいや、おれはCDと同じ歌が聴きたいんや、というかたが(笑い)。大悟の歌を聴いた瞬間、あれを思い出してしまって、思わず出た」(ノブ)

◆ふたりともクセまみれ

 大阪では10年以上やっていたこのネタを『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で披露したところ、一気に全国区になったのだという。芸風も“クセがすごい”ふたり。互いのことを訊いてみると…。

「大悟はもう、クセまみれですからね。酒飲みすぎのクセ、たばこ吸いすぎのクセ…。数えたらキリがない。たった3か月の間に2回も週刊誌に撮られてしまうクセ!」

 とノブが先制パンチをお見舞いすると、

「撮られたんはそっちが先やないかい! それを覆すクセがすごい」(大悟)

 とお返し。さらに、

「流行りものに手を出してすぐやめるクセ。アイドルが流行ればアイドルにはまり、キーボードやらドラムから買い込んで、2、3回やったら飽きる。せっかく4年前にたばこやめたのに、流行りにのってアイコス(加熱式たばこ)を吸いだす」(大悟)

 次々暴露するとノブがすかさず、

「おれは、クセやなくて好奇心がすごいんや」

 と切り返す。普段の会話も漫才と同じくらいおもしろいふたりはロケ芸人としても大人気で、埼玉県内をゆる~く歩くロケ番組『いろはに千鳥』は、放送を見られない地域の人がDVDの発売日を心待ちにしているほどなのだ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス