• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】辻村深月氏 傑作長編『かがみの孤城』

ライフ

2017.05.27 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】辻村深月氏 傑作長編『かがみの孤城』

「私、ミステリ作家と呼ばれると凄く嬉しいんですが、作中で人が死ぬことは少ないんです。ただ、『ミステリ作家の書いた青春小説』であることは心掛けたい。そうか、物語の側がこの仕掛けを求めていたんだなって、後から腑に落ちる感覚が今回もありました」

 この春、6校分の小学校の生徒が集まる雪科(ゆきしな)五中に進んだこころは、入学早々つらい毎日を送っていた。クラスの中心人物である〈真田美織〉から陰湿なイジメを受けたのだ。美織は担任の〈伊田先生〉の受けもよく、特に女子は彼女の言いなりだった。

 そしてある日、〈決定的な“あれ”〉が起こる。大人からしてみると、たいしたことではないように思えるかもしれない出来事でも、それは、こころの生活を根本から変えてしまうような衝撃的な事件だった。どれだけ怖かったかのその描写に息が詰まる。こころは以来学校に行けなくなり、フリースクールへ行こうにも本当にお腹が痛くなった。

 毎日母親が用意した弁当を1人で食べ、夕方になるとクラスメートの〈東条萌〉がプリント類を投函する音をぼんやり聞く彼女は、家も近所で仲良くなれそうだった萌にすら、もう会いたくなかった。そんな時、部屋の姿見が突然光り、彼女はオオカミさまや6人と出会うのだ。

「例えば美織たちにされたことでこころがどんなに怖かったか、同年代の子であっても一から想像するのは難しいと思うんですね。そういう一見自分と関係なさそうな境遇に身を置けるのも小説ならではですし、表向きはうまくやれている子でも一つ間違えばフツウから外れていたかもしれないと思えるよう、この7人を造形していきました」

 まず女子はポニーテールの似合う活発な〈アキ〉と物静かな〈フウカ〉。男子は城でもゲームばかりしている〈マサムネ〉に食いしん坊の〈ウレシノ〉。一見ワル風の〈スバル〉やイケメンの〈リオン〉。17時以降、城に残ることは禁じられ、願いが叶うのは1人だけ。鍵は城に隠されたヒントを元に各自探せというが、彼らはやがて鍵探しよりも、城の存在とそこで会える仲間たちの方を大事に思うようになっていく。

関連記事

トピックス