芸能

フジ新人・久慈&海老原ツインタワー抜擢に不満抱くアナの名

今年フジに入社した新人の久慈暁子アナ

「ツインタワー」が、フジテレビの夏の一大イベント「お台場みんなの夢大陸」のPR隊に大抜擢され、アナウンス室に激震が走っている。

「ツインタワー」とは、今年フジに入社した新人の久慈暁子アナ(22)と海老原優香アナ(23)のこと。久慈は「旭化成グループキャンペーンモデル」や「non-no」の専属モデルを務め、海老原もミス学習院と、いずれも華々しい経歴の持ち主。

 久慈は身長166センチ、海老原は身長169センチと、2人とも高身長でスレンダーなモデル体型であることから、「美しすぎるツインタワー」と呼ばれている。

「PR隊に新人が起用されるのは異例です。昨年はショーパン(生野陽子、33)、ヤマサキパン(山崎夕貴、29)、ミタパン(三田友梨佳、30)、ユミパン(永島優美、25)と、いずれもエース女子アナの証である『○○パン』の経験者でした。

 今年は新人2人をセンターに据え、脇を固めるのは入社3年目の宮司愛海アナ(25)と2年目の永尾亜子アナ(23)です。局内からは『中央と脇が逆だろ!』というツッコミもあったほど。それほどツインタワーは“特別扱い”されている」(フジテレビ関係者)

 このサプライズ人事の背景には、フジテレビ女子アナの“人材難”があった。

「昨年のカトパン退社以降、エースとして期待された中堅のヤマサキパンやミタパンは局の低迷とともに伸び悩んでいる。それより下の世代に関しては視聴者に名前すら覚えられていない惨状です。

 一方で久慈アナは入社前からタレントとして活動しておりスター性バツグン。同期の海老原アナとセットで売り出すことで注目も集めやすい。そのため、低迷する局の起死回生を狙って抜擢されたのです」(フジテレビ社員)

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン