• TOP
  • 国際情報
  • 万景峰号がウラジオストクに出現 北朝鮮延命の生命線か

国際情報

2017.06.03 16:00  SAPIO

万景峰号がウラジオストクに出現 北朝鮮延命の生命線か

5月18日、ロシア・ウラジオストク港に入港した万景峰号

 5月18日、ロシア・ウラジオストク港のターミナルは早朝から緊張感に包まれていた。北朝鮮の貨客船「万景峰号」が入港するためだ。数々の対日工作に関わったとされる「北の密命船」は、なぜこのタイミングで極東の地に就航したのか。ジャーナリスト・竹中明洋氏がレポートする。

 * * *
 事前に得ていた情報では、入港時間は午前7時。念のため1時間前から岸壁を見下ろすターミナルのデッキで待機していたが、時間が迫ると、大勢の警察官が有無を言わさず我々メディアの関係者に撮影禁止を言い渡し、デッキを立ち去るよう要求した。

「上層部からの指示だ」

 現場の警察官に理由を問うてもそうとしか説明しないが、現地メディアの関係者はこう訝しがる。

「通常であれば、船の撮影を禁止するなんてあり得ない。なぜここまでピリピリするのか。北朝鮮側からロシア当局に強い要請があったとしか考えられない」

 湾内に立ちこめる濃い霧の中から万景峰号の白い船体が現れたのは、予定よりやや遅れた午前8時。筆者は、船で沖に出ることで全貌を撮影することができた。

 万景峰号はポーランド製。就航は1971年である。1984年までは在日朝鮮人の帰還事業に使われた。本来の船長とは別に、朝鮮労働党の副部長クラスが指導船長として乗船。新潟港などに停泊し、船内で朝鮮総連幹部らに工作活動を指示し、総連が在日同胞からかき集めた資金を不正に本国に運んだとされる。かつて海上保安庁が船内を調べたところ、隠し部屋から特殊な通信機器や乱数表が発見されたこともあるという。

関連記事

トピックス