国内

眞子さま ご結婚後の2世帯同居の可能性に宮内庁も不安

女手一つで育てあげた母とは『一卵性』のような母息子とも

 広さ約50万平方メートルを誇る赤坂御用地(東京・港区)には、皇太子ご一家が暮らされる東宮御所や各宮邸が建ち、敷地ほぼ中央には毎年春と秋に園遊会が行われる赤坂御苑の庭園が広がっている。たぬきが棲みつくなど豊かな自然が多く残されたこの場所で、秋篠宮家の長女・眞子さまはこれまでの25年の人生を送られてきた。

 結婚されれば眞子さまは皇籍を離脱され、民間人として生きていかれることになる。お住まいを出て、まったく新しい生活が始まるのだ。

 現在、眞子さまは都内の研究施設で非常勤職員として勤務されている。一方の婚約が報じられたお相手の小室圭さん(25才)も、法律事務所でパラリーガル(弁護士の事務的な補助業務)として働いているが、一橋大学大学院に通う学生でもあり、結婚後のふたりの収入面を心配する声もある。

「結婚による皇籍離脱の際に、皇室経済法の規定により一時金が支出されます。黒田清子さんは1億5250万円でした。眞子内親王殿下は清子さんと同じ内親王ですが、天皇の孫の内親王のため、1割減の1億3725万円だと思います」(皇室ジャーナリストの山下晋司氏)

 一時金の使い道に決まりはないため、生活費や新居購入費用に充てるのでも、貯蓄にまわすのでも自由だ。

「皇室経済法には一時金の支出理由として、《皇族であった者としての品位保持の資に充てるため》と明記されています。億単位のお金とはいえ、この先の長い人生をカバーするほどの金額ではありません。一方で、では秋篠宮ご夫妻からの仕送りで、というわけにもいきません。宮家に支出されているお金は、元をただせば税金。それを民間人となった眞子さまにお渡しするわけにはいきません。眞子さまには世の主婦と同じように、家庭の財布の切り盛りが求められます」(皇室記者)

 おふたりは早ければ来年の夏以降にも新生活をスタートするのではないかという。現在、小室さんが暮らすのは横浜市内にあるマンションの一室。1994年の新築当時、父・敏勝さんが約4000万円で購入した50平方メートル、3DKのその部屋で、母・佳代さんと祖父の3人で暮らしている。10才の頃に突然父を亡くした小室さんの、「母さんのことは、ずっとぼくが守るから」という決意の通り、今も近所では、小室さんと佳代さんが一緒に買い物をしたり、レストランで仲よく食事をする姿も目撃されている。近隣住民が言う。

「お母さん思いのいい子ですよ。それよりも女手一つで圭くんをあそこまでセレブ男子に育てあげたお母さんが本当にすごい。二人三脚でやってきた『一卵性母息子』というか…感心してしまいます」

 小室さんは幼稚園のころ、佳代さんの勧めもあり近所のバイオリン教室に通い始めた。その頃の佳代さんの口癖は「うちの子はバイオリンの天才なの」。横浜市役所に勤めていた敏勝さんと、飲食店などでアルバイトをしていた佳代さんの収入を合わせても、決して裕福という経済状況ではなかったという。それでも横浜から相当な距離にある東京・国立市の音楽大学の付属小に小室さんを進学させたのは、小室さんのバイオリンの腕前に期待を寄せていたからだろう。別の近隣住民は当時の様子を次のように明かす。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン