• TOP
  • 国内
  • 小池新党候補に「高学歴女の幸せ請負人」20年学んだ知見聞いた

国内

2017.06.15 07:00  週刊ポスト

小池新党候補に「高学歴女の幸せ請負人」20年学んだ知見聞いた

都民ファーストの会に女性候補たちが続々(茜ヶ久保嘉代子氏=左。HPより)

 小池百合子・都知事の自民党離党と代表就任で「都民ファーストの会」はいよいよ東京都議選(7月2日投開票)に向けた戦闘態勢を整えた。

「女性を都議会に送らなければ都政は変わらない」──小池都知事はそう宣言して都民ファーストの会に「女性活躍推進本部」を立ちあげた。メンバーはいずれも知事のメガネにかなった17人の女性候補たちだ。

 小池知事の政敵、石原伸晃・前自民党都連会長の地元・杉並区に殴りこみをかけるのは茜ヶ久保嘉代子氏(41)だ。東大卒のキャリアウーマンで1児の母、日本IBMや外資系経営コンサル会社、アマゾン・ジャパンを経てキャリア・アドバイザーとして独立した。

 調査票では、「女性のキャリアと起業の支援」などを公約にあげ、政治家を志望した動機をこう書いている。

〈家庭と仕事の両立についてアドバイザーとして活動する中で、より公共・公益に直接貢献したいという想いが強くなったため〉

 まさに「女性活躍推進本部」の“伝道師”にふさわしい意気込みではないか。もっとも、彼女は3年ほど前、〈高学歴女の「女の幸せ」請負います〉を合い言葉に、「高嶺の花-倶楽部」というサロンを立ちあげたことがある。公式ブログは現在更新されていないが、こんなことが書かれていた。

関連記事

トピックス