芸能

最新芸能記事のRSS

CS版「プロ野球ニュース」Pが語るネット時代ならではの工夫

2017.08.01 07:00

 地上波での放送開始から41年、『プロ野球ニュース』は現在、CS放送・フジテレビONEで60分間、ほ

 地上波での放送開始から41年、『プロ野球ニュース』は現在、CS放送・フジテレビONEで60分間、ほぼプロ野球だけを今も伝え続けている。CSは2001年にスタート、17年目を迎える。試合当日に生放送。全試合をどこよりも詳しく分析し、勝敗は最後まで伝えない。その番組コンセプトは同じだが、地上波時代と比べて制作現場は大きく様変わりしている。

 かつては全球場に中継スタッフと解説者、アナウンサーを派遣。その後、フジテレビや地方局のスタジオから解説者とアナウンサーの掛け合いで放送するスタイルだった。現在は局の制作部に6台並んだテレビ画面に映る試合映像を見た後で、解説する形となっている。

 スタッフは総勢15人。試合が始まると6台並んだテレビ画面方向に視線が集まる。評論家と担当するアナウンサーが並んで座り、試合のポイントを確認しながらの観戦。編集箇所を絞り込んでいく。本番直前に行なわれる最終確認では、編集作業が終わったVTRを見ながら解説陣が担当アナに解説。もちろん台本はない。

 スタジオには固定カメラが4台あるだけ。展開に合わせて遠隔操作で切り替える。VTRの時間は決まっているが、予定時間をオーバーすることも頻繁にある。生放送ならではの緊張感だ。地上波時代からの名物コーナーの「今日のホームラン」では、アシスタントの稲村亜美がバットを振って紹介する。

「地上波と比べて番組予算が違いますからね。でも今まで築きあげてきたノウハウと解説陣を生かしながら、CSのサイズで放送しています」(吉田博章プロデューサー)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP