国内

稲田議員、今井議員 軽々超えた政治家としての「一線」

法律家によると「同じ部屋に宿泊はアウト」

「女性がいないんだよなァ」。8月3日、内閣改造に踏み切った安倍首相は、そうため息をついたという。「女性が輝く社会」を掲げ、何人も女性閣僚を抜擢してきたが、バタバタと辞めていくだけ。「このハゲ~」議員ほか若手も不祥事続き。「もうまともな女性議員が残ってないよ」というボヤきは、国民にもわからないではない。

 そんな雰囲気にダメ押しをしたのが、今井絵理子参院議員(33才)だ。妻子あるイケメン神戸市議のマンションに泊まったり、ホテルの一室でパジャマで過ごしたのに、「一線は越えていません」という微妙すぎる言い訳をしたのには、当然、各方面から総ツッコミが入った。

 ビートたけしは「『一線』って何なのか、大きな声で言ってほしかった」、松本人志は「手を握って東海道を越えている」、いとうあさこまで「新幹線の中で手をつなぐのを我慢できない人が、ホテルに入って何の我慢ができるの」と言及。小倉智昭は早くも「今年の流行語大賞」と皮肉った。

 ちなみに、法律の専門家たちはこぞって「同じ部屋に泊まったのは、裁判ではアウト」と指摘している。

「シングルマザーとして聴覚障害のある子供を育てていて、障害者福祉に詳しいというのが議員としてのウリだったはずですが、彼氏のマンションに入り浸って、子供の面倒は母親まかせ。以前つきあっていた元カレが“おれは息子のシッターじゃない”とこぼしていたこともあるほどです」(全国紙政治記者)

 有権者の信頼を失うという「一線」は軽々と越えた。

 稲田朋美元防衛相(58才)は7月末日、改造よりも一足早く内閣を去って行った。教育勅語をめぐる発言や陸上自衛隊の日報問題など、国会で集中砲火を浴び続けても、「職務をまっとうしたい」と“一線”の大臣のイスに座り続けていたのに、あっさりと辞任した。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン