• TOP
  • 国内
  • 徳川家の子孫「中等科の歴史の授業で戦国時代を飛ばされた」

国内

2017.08.23 16:00  週刊ポスト

徳川家の子孫「中等科の歴史の授業で戦国時代を飛ばされた」

挨拶する小早川氏(左)と徳川氏(撮影/塩原洋)

 ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。

 出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとされる“関ヶ原のキーマン”小早川秀秋の子孫・小早川隆治氏(76)、対する西軍を率いた石田三成の子孫・石田秀雄氏(67)と参謀・大谷吉継の子孫・大谷裕通氏(61)の4人だ。

石田:去年は大河ドラマ『真田丸』が話題になってゴールデンウィーク頃から、取材やイベントが立て込んで忙しかった。皆さんはどうでしたか?

大谷:私も色んな雑誌からインタビューを受けた。今年はゆっくりできるかな、と思ったんだけど、今度は『関ヶ原』ですか。

石田:私も、9月には『関ヶ原』の舞台挨拶に出なきゃならない。

大谷:じゃあ大谷吉継役の大場泰正さんに会ったら、「(小早川秀秋に裏切られて)気の毒だったね」って言っておいてよ(笑い)。

小早川:……(押し黙る)。

関連記事

トピックス