• TOP
  • 芸能
  • 新2世タレント急増 「手に職」「TV出演は通過点」の傾向も

芸能

2017.08.26 07:00  NEWSポストセブン

新2世タレント急増 「手に職」「TV出演は通過点」の傾向も

俳優デビューした寛一郎は佐藤浩一の息子

 今、新たな2世タレントが現れている。元巨人・桑田真澄の次男でブライダルモデルのMatt、元横綱・貴乃花の長男で靴職人の花田優一、人気リポーター阿部祐二の娘で「2017ミス・ユニバース・ジャパン」グランプリに輝いた阿部桃子。

 ほかにも、草刈正雄の娘でパーソナルトレーナーの紅蘭、元祖女芸人・野沢直子の長女で格闘家の真珠・野沢オークライヤー、佐藤浩市の息子で今年俳優デビューを果たした寛一郎(かんいちろう)、哀川翔の次女で女優の福地桃子など、昨夏から芸能人の子息による不祥事が取り沙汰されてきたにも関わらず、活躍が目立つ背景には何があるのだろうか。またそこに共通している特徴を探った。

◆変わらず続く2世への関心の高さ

 昨年8月、俳優の高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕(のち不起訴処分)されたことを受けて関係各所は対応に追われた。放送予定の出演ドラマは一部シーンを撮り直し、映画は上映中止を余儀なくされた。母親である高畑淳子には批判が殺到し、テレビ出演を自粛した。

 業界を巻き込んだこの事件。テレビ関係者の間では「2世」の起用に対し自粛ムードが広がった。そんななか、2か月後の同年10月4日、『踊る!さんま御殿!!3時間SP』(日本テレビ系)の中で早くも芸能人親子が大挙して出演した。

 ここでは西郷輝彦の三女・今川宇宙や、手塚理美の次男で大学生の日南人など新たな2世が登場し、番組の視聴率は16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)をマーク。1月5日の新春スペシャルの17.2%に次ぐ昨年2番目のハイスコアだった。

 さらに年が明けた今年3月7日の2世スペシャルでも14.4%と、2世タレントへの関心の高さが改めて再認識されたのだ。

『さんま御殿』は業界から注目度の高い番組とされ、タレントの扱い方が明石家さんまのイジりで決まるとも言われている。そんな『御殿』で2世が出演して高い関心を集めたことで、テレビマンの2世への心理的抵抗がやわらいでいった。

◆異業種から光が当たるパターン

関連記事

トピックス