• TOP
  • 国内
  • 眞子さま 婚約内定から結婚式まで儀式続く慌ただしい日々

国内

2017.08.31 07:00  女性セブン

眞子さま 婚約内定から結婚式まで儀式続く慌ただしい日々

結婚式まで慌ただしい日々が続く眞子さま

「眞子さまは『早く結婚したい』とおっしゃっていましたから『婚約される』と聞いて、ついに夢を叶えられるんだな、と感慨深い気持ちです」

 学習院時代の同級生がこう祝福した通り、9月3日、秋篠宮家の長女・眞子さま(25才)が、フィアンセ・小室圭氏(25才)との婚約内定会見に臨まれる。

「当初、7月に行われる予定でしたが、九州北部の豪雨で被災したかたがたに配慮され、会見を延期なさいました。この時期に決まった背景には、天皇皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻の予定との兼ね合い、佳子さまが9月中旬に英国留学へご出発されるなどの事情があるようです」(宮内庁担当記者)

 この日を境に2018年春にとり行われるといわれる結婚式まで、慌ただしい日々が始まる。式場やウエディングドレス選び、新婚旅行はどうするのか。一般人でも「本番までに7割以上のカップルがケンカになる」といわれるほど結婚式の準備は大変だが、伝統と格式を誇る皇族ならなおさらだろう。

 女性皇族が嫁ぐ場合、婚約内定が発表されると、結婚式までさまざまな儀式が続く。まず行われるのが一般の結納にあたる「納采の儀」だ。

「小室家の使者が秋篠宮邸を訪れ、清酒や鯛など結納の品々の目録を届けます。日をおいて、小室家の使者が秋篠宮家に結婚式の日取りを伝える『告期の儀』が行われます」(皇室ジャーナリストの神田秀一氏)

 その後、艶やかな十二単姿の眞子さまが宮中三殿を参拝する「賢所皇霊殿神殿(かしこどころこうれいでんしんでん)に謁するの儀」を経て、結婚数日前に宮殿で天皇皇后両陛下に感謝の言葉を述べる「朝見の儀」が行われる。

 この間、皇祖神である天照大御神が祀られる伊勢神宮を訪問して、結婚の挨拶をされるなどの行事も加わる。

 そして当日、小室家の使者が眞子さまを迎えにくる「入第(じゅだい)の儀」を経て、いよいよ結婚式本番となる。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年9月14日号

関連記事

トピックス