• TOP
  • 国内
  • 眞子さま 結婚時に支払われる一時金は1億2500万円か

国内

2017.09.02 07:00  女性セブン

眞子さま 結婚時に支払われる一時金は1億2500万円か

眞子さまのウエディングプランは?

 9月3日に、小室圭氏(25才)との婚約内定会見を開かれる秋篠宮家の長女・眞子さま(25才)。気になるのが、プリンセスのウエディングプラン。新婚旅行はどこに行くのだろうか?

「もしふたりが新婚旅行をされるならば、海外の可能性もあります。小室さんはいずれ外国で弁護士となることを目指していますし、眞子さまも英国に留学経験がありますので」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 しかし、新婚生活の始まりはハネムーンというのが一般的だった昔と違い、今は新婚旅行をするカップルは少なくなっている。その費用を新生活に充てるケースが多いのだ。

 2005年に都庁職員の黒田慶樹さんに嫁いだ天皇皇后両陛下の長女・黒田清子さん(48才)もその1人。当初は1LDKの小さなマンションで新婚生活をスタートさせた。だが、2年ほどの新婚生活を経て清子さんは、セキュリティーが厳重な都心の「億ション」を購入した。

 このマンションの購入資金は、国から清子さんに支払われた「一時金」といわれる。

「結婚で皇室を離脱する女性皇族には『皇族であったものとしての品位保持』の名目で国から一時金が支払われます。陛下の娘である清子さんには約1億5000万円が支払われており、従弟の娘である高円宮家の次女・典子さん(29才)には約1億円が支払われました。孫である眞子さまには1億2500万円が支払われると予想されます」(前出・神田氏)

 このマンションに住み始めた当初、清子さんにはスーツ姿のSPが張り付いていたが、近年はSPの姿は見当たらない。それこそが清子さんが“普通の主婦”になった証左といえよう。眞子さまも“ネェネ”と慕う清子さんのように、「小室眞子」としての一歩を踏み出す──。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年9月14日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス