芸能

斉藤由貴、さっさと不倫認めていれば第2・3弾写真なかったか

「次号の『FLASH』に“顔面パンティー写真”が載ると連絡を受けたA医師は、9日に自ら情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のレポーターに連絡したそうです。以前はそのレポーターから直撃されても、“話したいことはあるが、何も話さない”とけんもほろろな対応だったのに、突然、“本当のことをお話ししたい”ということだったそうです」(テレビ局関係者)

 インタビューを受けたA医師は赤裸々に話し始め、不倫関係は5年以上にわたったと突然明かし、「今でも斉藤由貴さんを守ってあげたい。ただ、今のぼくにはもうそれはできません」と語り、事態の収束に動いた(11日放送)。そして、斉藤もついにFAXで不倫を認めることになる。

「斉藤さんのFAXには、流出写真について警察に相談していると書かれていました。“もうこれ以上、みじめな写真を世間に晒されたくない”という一心だったのでしょう」(前出・芸能記者)

 最初に不倫が報じられたのは8月上旬だった。それから1か月が経って、トドメを刺すように写真が次々に出てきたのはなぜか。

「もともと斉藤の不倫疑惑は『週刊文春』と『FLASH』の両誌が追っていました。A医師に極めて近い人物など複数の関係者が、事情を知っていて情報や写真を提供していたそうです。先に決定的な張り込み写真を撮った『文春』が報じることになりましたが、斉藤もA医師も、“主治医と患者の関係”“自宅に往診していただけ”など、のらりくらりと質問をかわし、不倫を否定しました。

 それには情報を提供した関係者はどうしても納得できなかった。“早く不倫を認めて反省し、家庭に戻ってほしい”という気持ちだったのに、ふたりには反省の色もない。そこで、ふたりに改心してほしいという一心で関係者は、当初は明らかにするつもりはなかった写真を『FLASH』に提供したそうです」(事情を知る関係者)

 一連の流れは、昨年1月に報じられたベッキーのゲス不倫騒動が燃え広がっていった経緯とそっくりだ。疑惑が報じられると、ベッキーはすぐにウソの会見を開いて否定した。水面下で関係は続き、それに納得のできない関係者の手によって、ゲス川谷のLINEの画面が次々に明らかになり、第2弾、第3弾と報道が続いていく。

 斉藤もA医師も、最初から不倫を認めていれば、写真は出なかったかもしれない──。

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事

トピックス