• TOP
  • 国内
  • 「床に点々と糞」「おむつバトル」高齢者の“介護あるある”

国内

2017.10.17 07:00  女性セブン

「床に点々と糞」「おむつバトル」高齢者の“介護あるある”

姑の介護“おシモ問題”の乗り切り方

 多くの高齢者が直面するといわれる失禁。母に“その時”が来たらどんな態度で何をすればいいのか。義母のおシモ問題経験者で『伴走介護』の漫画でもおなじみのなとみみわさんに、認知症の80代の母を介護するN記者(53才)が話を聞いた――。

 なとみさんは、夫と義母、息子の4人で暮らすこと9年。今年初めに米寿(88才)を祝った義母を5月に看取った。義母は嫁の作るおでんと甘いものが大好き。軽い認知症もあったが家事の手伝いも一生懸命。なとみさんはこの優しくてかわいい“ばあさん”のボケも家族の笑いに変え、愉快な日常を人気ブログ『あっけらかん』で紹介している。

 そんな義母の失禁が始まったのは昨年のことだった。

「昨年の春頃、私が帰宅すると家中に異臭。リビングでばあさんが呆然として座り込み、『うんちがとまらないの…』って。床には点々とうんちが。どん引きしました。でも実はこれ“高齢者あるある”なのです。

 ばあさんは普段から便秘に苦しみ薬を常用していたのですが、薬でお腹の中の便は軟らかくなっても硬い便が栓になり、栓の周りから軟便が染み出して下着を汚したり、ドーッと出ちゃったり。少し前から、汚れた下着をベッド下に隠すようにもなっていました」

 高齢者の便秘は深刻と聞くが、便失禁につながるとは。

「同じくらいの時期に尿のほうは、足腰が弱って動作が遅くなったことで、トイレで下着を下ろしてから便器に座るまでに間に合わなくて出てしまうことが多かった。便器の脇に尿の小さな水たまり…やっぱり臭いんです。

 私は早朝から仕事をするのですが、明け方のトイレにはいつくばって床を拭くのはつらかった。ばあさんのことは好きだけど、裏腹にどうしようもない不満と怒りがこみ上げて…」

「紙おむつだけはどうしても嫌だというんです。でも、汚れた下着を私に洗わせるのも心苦しいから隠す。その複雑な気持ち、よーくわかった。だから言ったんです。『パンツが汚れたら、隠さずに捨てていいよ。新しいのをどんどん買ってくるからさ。そうすれば、お互い気を使わずにすむじゃん』って。しばらくは本当にパンツを大量買いしてました」

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス