• TOP
  • スポーツ
  • 来季もV脱なら…現実味を帯びる巨人・中畑清監督誕生

スポーツ

2017.10.19 16:00  NEWSポストセブン

来季もV脱なら…現実味を帯びる巨人・中畑清監督誕生

来季V逸なら契約満了という名の解任も(撮影:山崎力夫)

 2012年に横浜からFA入団して以来、6シーズンで3度の優勝に貢献した村田修一が巨人を自由契約になった。鹿取義隆ゼネラルマネージャー(GM)はベテランの村田を斬ることで、若手育成に力を入れる方針を明らかにした。野球担当記者が話す。

「正直、高橋由伸監督は混乱していると思いますよ。3年目の来季は優勝できなければ、オフには契約満了という名の解任が待っている。しかし、GMは若手を育成しろという。今の巨人の若手内野手で、長距離砲である村田の代わりが務まりそうな可能性を秘めているのは岡本和真くらい。それも限りなく未知数であり、来季いきなり村田と同じような打棒が期待できるかといえば……。育成もしながら優勝を目指すことほど難しいことはない」(以下同)

 とはいえ、特に巨人の場合、育成はある程度の戦力があって、余裕のある時にしか難しいと言われる。さらに、高橋監督に育成の実績はほとんどない。

「逆指名ドラフトで入団してきた高橋監督は1年目からいきなりレギュラーに抜擢されたスター選手。現役時代に仕えた監督は長嶋茂雄氏、原辰徳氏、堀内恒夫氏の3人だけです。原監督の1年目だった2002年や清武英利GM時代の2000年代は育成制度から若手が飛び出てきた時もありましたが、長続きしなかったし、基本的にFAなどの補強を中心に優勝を目指してきた体質しか経験していない。

 正直、なかなか芽が出ない若手の気持ちも理解しづらいはずですし、どうすれば若手が育つのかというサンプルも持っていないのではないでしょうか。監督生活2年で判断するのは忍びないですが、高橋監督の抜擢で主力に育ったと呼べる選手はいない。今年の中井大介のようにただ我慢して使えばいいという問題でもないでしょう」

 来季も優勝できないとなれば、当然ながら進退を問われることになる。

「現役続行の意志を示していたにもかかわらず、監督に就任してもらったという経緯もあるため、巨人としては契約期間中の解任はしづらい。そこでもう1年我慢するのでしょうけど、目立った入れ替えのないコーチングスタッフにしても、村田の自由契約にしても、高橋監督に本当に優勝を期待しているのかと疑問に思いたくなるような動きです」

関連記事

トピックス