国内

天皇皇后両陛下 退位後の「終の住処」の検討急がれる

退位後の両陛下の仮住まい候補「高輪皇族邸」

 昭和天皇が崩御した4年後の1993年、現在の「御所」が完成。天皇皇后両陛下はそれまで住まわれていた東宮御所(赤坂御用地)からお引っ越しされた。それから24年。両陛下が長年住み慣れたお住まいから離れる日が近づいている。

 2019年3月末といわれる陛下の退位まで、残り1年5か月。両陛下の「終の住処」を巡り喫緊の検討が行われているという。

「美智子さまも80才を超えてのお引っ越しとなると、かなりのご負担だと思います。ただ新たな天皇皇后と同じ敷地内に暮らされると、日常的にお顔を合わせられることもあるでしょう。皇太子さまと雅子さまへのプレッシャーにならないようにと気を砕かれたようです。また、そのまま今の御所に住む選択肢がないわけではありませんが、新天皇のために新たな御所を建てるとなると莫大な費用が見込まれます。そういったお心遣いもあるのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 東京・港区の東京メトロ・白金高輪駅から南に歩いて約5分。日本屈指の閑静な住宅街の一角に、上部を有刺鉄線で張り巡らせた高いコンクリート塀に囲まれた土地がある。薄い青色の門は固く閉ざされ、高く生い茂った木々のすき間から洋館風の建物などが塀越しに顔を覗かせるだけで、中の様子はうかがい知れない。

 歩いて10分ほどで周囲をぐるりと回れるその場所は、「高輪皇族邸」と呼ばれている。大正時代の一時期、昭和天皇(当時は皇太子)が東宮御所として暮らした場所であり、その後、昭和天皇の弟である故・高松宮さまの宮邸でもあった。1987年に高松宮さまが薨去し、妻の喜久子さまが2004年にこの世を去ってから、10年以上無人のまま宮内庁の管理下に置かれてきた。そんな場所が、今にわかに注目を集めている。

「退位後の天皇陛下と美智子さまが“仮住まい”される住居の候補の1つとして、旧高松宮邸が浮上しているのです。実際にお住まいになられるように改築やリフォームができるかどうか、警備体制が整えられるかなど、内々に検討が行われています」(宮内庁関係者)

 現在、両陛下は皇居にある御所で日々を送られているが、いずれは新たな天皇に即位した皇太子ご一家に明け渡されるのが濃厚だ。その後両陛下は、現在皇太子ご一家が生活され、皇太子同妃時代を過ごされた東宮御所にお戻りになるというのが既定路線だという。皇室ジャーナリストの山下晋司氏が解説する。

「手順としては、まず両陛下が御所からお出になる。そして、御所の改修工事後、新天皇ご一家に東宮御所から移っていただく。次に、東宮御所の改修工事を行い、両陛下に住んでいただくというものです。御所は築約25年、東宮御所は何度か改修していますが築50年を超えていますので、ある程度の時間をかけて改修する必要があるでしょう。御所と東宮御所の改修期間中、両陛下にはどこかに仮住まいしていただくことになります」

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン