• TOP
  • スポーツ
  • 五輪有力・美女マラソン選手に「新婚コーチ略奪愛」を直撃

スポーツ

2017.12.03 16:00  週刊ポスト

五輪有力・美女マラソン選手に「新婚コーチ略奪愛」を直撃

「夫婦は別居中で、今後離婚について話し合いが持たれると聞いています。今年の4月頃にB子はAさんから突然、“離婚したい。出て行ってくれ”と言われたんです。2人は昨年の9月に結婚式を挙げたばかり。B子はわずか半年後に別れを告げられるとは思いもせず、彼の申し出に混乱していました」

 B子さんが“別れの理由”に気づいたのは、それから約1か月後のことだった。離婚を提案されてからしばらく実家に身を寄せていたB子さんが、荷物を取りに自宅へ戻った際のことだという。友人が続ける。

「見覚えのない大きなスーツケースがあり、女性物のパジャマや下着もあった。それらが岩出さんの物だったんです。B子が帰ってきたAさんを問い質しても、彼は“一時的に岩出を住まわせている”というばかりだったそうです」

 その後、A氏はB子さんと暮らした家を解約。岩出が神奈川県内に新たに借りたアパートが2人の“練習拠点”となった。

◆「暮らしてないしッ!」

 B子さんの目には、岩出とA氏の関係はノーリツ時代からかなり親密だったと映っているようだ。昨年9月にA氏とB子さんは結婚式を挙げたが、その直後に、岩出とA氏は欧州合宿に向かったという。

「岩出さんは帰国後に“旦那さんをお借りしました”とパッケージの裏に手書きしたお土産のチョコレートをB子に渡しています。B子は今、それを思い出して、“お借りしましたというのはそういう意味だったの”と怒りが込み上げている」(前出・友人)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス