• TOP
  • ビジネス
  • スパコン助成不正受給会社の顧問に元TBS山口敬之氏の名

ビジネス

2017.12.11 07:00  週刊ポスト

スパコン助成不正受給会社の顧問に元TBS山口敬之氏の名

 昨年10月、内閣府が主催する経済財政諮問会議の「2030年展望と改革タスクフォース」で齊藤氏は委員に抜擢され、このシンギュラリティを連呼していた。会議に出席した委員が匿名を条件にこう明かす。

「齊藤さんによれば、シンギュラリティに到達すれば、1台のコンピューターだけで人類の英知を超え、食糧問題、エネルギー問題も解決し、労働も不要になって、人類は種々の問題から解放されるというのです。しかし、“だからスパコンに投資しろ”という主張にも聞こえた」

 山口氏に齊藤氏との関係について問い合わせたが、締め切りまでに回答はなかった。財団法人の住所を訪れると、山口氏の母親を名乗る女性が、「ここは(山口氏の)実家です。財団? 私は何も知らないんです」と話すだけだった。

 麻生氏に齊藤容疑者との関係について問うと、事務所を通してこう回答した。

「国民生活の安全・安心や国際競争力確保のための先端的な研究に不可欠な研究情報基盤であるスーパーコンピューターの開発に携わってこられた方だと承知しております」

 安倍首相のゴルフ仲間が理事長を務める加計学園は、「国家戦略特区」で獣医学部の新設事業者に認定されたが、審査の過程が不透明だと指摘された。安倍昭恵夫人が名誉校長を務めた森友学園が、国有地を約8億円も値引きされて購入した問題は、先の国会でも野党から追及を受け続けた。

関連記事

トピックス