• TOP
  • 国内
  • 2017年重大ニュース【国内】国宝級茶碗の真贋論争が勃発

国内

2017.12.25 16:00

2017年重大ニュース【国内】国宝級茶碗の真贋論争が勃発

 2017年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2017年の「重大ニュース」を厳選した。
 
 ここでは【国内】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

●2017年重大ニュース【国内】編1~3位

【1位】


曜変天目2500万円の本当の価値は?(番組HPより)

■なんでも鑑定団・国宝級茶碗に陶芸家「どう見てもまがい物」(1月)

「世界に3点しかないとされる中国の陶器『曜変天目茶碗』の“4点目”が新たに見つかり、その鑑定額は2億5000万円! しかしこれに異議を呈した陶芸家がその根拠を伝える、という内容ですね。石坂浩二さんが無視されていた、という衝撃的な事実も発覚した同番組ですが、こちらの件は番組の信頼感にも繋がりかねないだけに、世間に与えた衝撃は大きかった。真贋論争というものは部外者はあまり口出ししづらいところではありますが、この件はネットでもかなり後を引く議論系案件となりました」

2017.01.23

もっと読む

【2位】


手はしっかり握られていた(左が輿石氏、右が斉藤氏)

■49歳・人妻市議 男性議員と二股ダブル不倫疑惑の衝撃現場(11月)

「週刊ポストのスクープですね。いやぁ……。実に生々しい写真でした。ネットでは“誰得”的な写真と評価される二人の濃密接近写真です。元々週刊ポストにはあまりにも赤裸々かつ欲望大放出といった形の二人のLINEのやり取りが記されていました。自主規制でこの部分はネットでは流さないことにしたのですが、面白かったのが、ポストの記事を『バイキング』(フジテレビ系)で取り上げた時のことです。週刊ポスト本誌に書かれている内容が過激すぎてここでは読めない……みたいに坂上忍さんが苦笑していました」

2017.11.13

もっと読む

【3位】


週刊文春だけではなかった?(写真は週刊新潮より)

■週刊現代元編集長「俺も週刊ポストの中吊り盗み見てたよ」(5月)

「週刊新潮の中吊りを、ライバルである週刊文春を発行する文藝春秋社の“社畜”社員が事前に印刷会社から入手し、コピーを取っていたことを週刊新潮がスクープした件に関連した記事です。週刊現代元編集長の元木昌彦さんに『元木さん、けしからん話ですよね!』という意図で聞きに行ったらまさかの『俺も週刊ポストの中吊り盗み見てたよ』発言じゃないですか! 元木さんは見た目は恐ろしいんですが、酒飲むととんでもなくかわいいオッサンになるタイプなので、なんか憎めないんですよね。これは、ポストの記者も相当肩透かしをくらったことでしょう」

2017.05.21

もっと読む

●以下、4~10位

【4位】

■保育園で「この、ハゲーーー!」流行 悪いのはテレビなのか(7月)

 

【5位】

■18kg減の愛子さま 宮内庁は報道陣に「アップ写真使うな」(3月)

 

【6位】

■石原慎太郎氏 「尖閣購入時にオバマがCIAに私の暗殺命令」(5月)

 

【7位】

■宮古島でプロポーズ成功直後に男性転落死 その涙の真相(9月)

 

【8位】

■「小池新党」を牛耳る最側近の「六本木ハレンチ豪遊」撮(5月)

 

【9位】

■舛添氏 「小池氏は都民騙すのをやめよ、都民は目を覚ませ」(6月)

 

【10位】

■稲田朋美氏におじさん県議ら「守ってやらにゃ」と結束ムード(9月)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス