芸能

広瀬すず、石原さとみ、木村拓哉 激戦必至冬ドラマの勝者は

番組公式HPより

 もうすぐスタートする冬ドラマは、注目作が多く揃い激戦必至の様相だ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 いよいよ新しい年の幕開け。2018年はいったいどんなドラマに出会えるのか、スタート前からワクワク。個性的なあの役者、芸達者なこの人、注目度ナンバーワンの彼・彼女たちが、どのような変貌を見せてくれるのか。期待が膨らむ新ドラマを5本、注目点と合わせてビックアップしてみました。

●『anone』(日テレ系水曜午後10時、1月10日スタート)注目点「広瀬すずの変身ぶり&坂元裕二脚本」

 えっ、誰? 一瞬わからなかった。バッサリと髪の毛を切り、下から見上げる視線は、突き刺さるような鋭さ。広瀬すずさんがガラリとその雰囲気を変えて取り組む新ドラマ。意気込みがひしひしと伝わってきます。

『anone』の物語は……家を失った少女と老女とが出会い、家族を装って共同生活を始める。坂元脚本らしく“生きることの意味”がテーマとか。昨年『カルテット』の脚本を手がけて大評判をとった坂元氏の新作だけに興味津々です。

 広瀬さんの鮮やかな変身ぶりと共に、キラ星のようなキャスティングにもそそられます。田中裕子、瑛太、小林聡美、阿部サダヲ……ドラマ好きにとってはよだれの出そうな配置。

●『アンナチュラル』(TBS系金曜夜10時  、1月12日スタート)注目点「雑音の中で演技する?新機軸」

 主演は飛ぶ鳥を落とす勢いの女優、石原さとみさん。前主役ドラマ『地味にスゴイ!』では、全くの異分野だった「ファッション」と「校閲」とを見事に融合させ、「河野悦子」像を創り上げて大注目を集めました。

 新ドラマ『アンナチュラル』はどうでしょう? 一話完結の法医学ミステリーの見所は、「雑音の中」で繰り広げられる演出。何とびっくり、「エキストラが本番中に話してもよい」という風変わりな撮影現場らしい。「雨の音やエキストラさんの叫び声、足音、すべてそのまま使用しています」と石原さんも驚きつつ収録しているとか。人物が同時に話す「ダブルトーク」もありだそうで、リアルで新鮮な「フェイクドキュメンタリー」ドラマが生まれそうな気配。なるほど、その新機軸は塚原あゆ子監督ならでは。かつて『リバース』『重版出来!』等で素晴らしい演出力を見せた監督だけに、挑戦的な演出にも大注目。

●『ホリデイラブ』(テレビ朝日系金曜午後11時、1月26日スタート)注目点「第三の里依紗が見られるか」

『ホリデイラブ』では、浮気が発覚し夫婦関係を修復しようと苦悩する妻を、仲里依紗さんが演じます。ただの不倫ドロドロドラマはもう飽きたかな~というところですが、仲さんがやるなら見たい。

 彼女の持つ強烈な破壊力については『逃げる女』(2016年NHK)で目撃し、ぞっこんに。昨年の武井版『黒革の手帖』では、派遣社員から夜のホステスへと転身していく極悪女ぶりで大きな話題となりました。

 思うに、仲さんの持つ破壊力は「攻撃」に留まらない。昨年のドラマ『あなたのことはそれほど』では、不倫した夫をじくじくと責める暗い妻を演じそれも怖かったけれど、今回はそれでもない、「第三の里依紗」を見たい。

 例えば微妙な感情の揺れを、セリフではなく目だけで演技する、といったような。役者としての新境地を期待しています!

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン