• TOP
  • 芸能
  • 吉沢京子、神保美喜、西川峰子が回顧する「伝説の写真集」

芸能

2018.01.03 16:00  週刊ポスト

吉沢京子、神保美喜、西川峰子が回顧する「伝説の写真集」

吉沢京子、1982年の伝説写真集

 小学館の地下倉庫には、多くのお宝写真集が保管されている。本誌・週刊ポスト誌上ではその中から取っておきの写真を紹介しているが、今回は、吉沢京子、神保美喜、西川峰子の3人が語った写真集のエピソードをお届けしよう。

●吉沢京子/『週刊プレイボーイ特別編集 吉沢京子写真集』1982年、集英社刊、撮影/池谷朗

「最初はバストトップを出す予定はありませんでした。でも、グアムロケの最終日にそういう雰囲気になって、『写真集に載せるかはわからない』といわれて撮っていただきました。当時の私は28歳。それまでのイメージを払拭したいという気持ちがあったのかもしれません。

 帰国後、掲載が決まった時は恥ずかしくて、ずっと目を塞いでいたかった。同じ年の土曜ワイド劇場で濡れ場があったのですが、実は吹き替えでした。だから、ヌードはこの写真集が最初で最後。今考えると、撮っておいてよかったと思えるようになりました」

【プロフィール】よしざわ・きょうこ/東京都生まれ。12歳から『劇団ひまわり』に所属し、少女モデルとして活動。1967年に『燃えろ!太陽』で映画デビュー。1969年開始のドラマ『柔道一直線』(TBS系)では高原ミキ役で大人気に。1971年、マルベル堂のプロマイド年間ランキングでは吉永小百合などを抑えて1位に輝いた。その後も、勝新太郎の座頭市シリーズや北野武監督の映画『Dolls』などに出演。女優生活50周年を迎えた現在も、舞台などで活躍。とげぬき福寿庵の和菓子『シベリアロール』のプロデュースも。

●神保美喜/『太陽伝説』1993年、竹書房刊、撮影/野川イサム

「あの頃は30歳を過ぎた時期で、私はこの先どういう芸能人生を歩むのだろうかと危機感を持っていました。そんな時、カメラマンの野川イサムさんが、『神保さんを題材にして、伝説に残るような自分の代表作を撮りたい』と口説いてくれたんです。ロケ地は初めて訪れたバリ島だったので気分も高揚しましたし、現地の人との触れ合いや見るものすべてが新鮮で。

 植物や自然と人間がそれぞれ持つ美しさを絡めるというコンセプトで撮ったのですが、この時に脱いで本当によかったと思っています。古書店でプレミアが付いているなんて聞くと嬉しくなります(笑い)」

【プロフィール】じんぼ・みき/東京都生まれ。1975年『スター誕生!』(日本テレビ系)の第15回決戦大会で桜田淳子の『天使のくちびる』を歌い、最優秀賞を獲得。翌年、『はじめてのワルツ』でデビュー。同年の映画『妖婆』を皮切りに女優業もスタート。1982年から3年半、徳光和夫と『歌のワイド90分!』(日本テレビ系)の司会も務めた。その後も映画やドラマ、舞台などで活躍。現在、『神保美喜のTea Lounge』(文化放送、土曜9時35分~9時50分)放送中。

関連記事

トピックス