• TOP
  • 国際情報
  • トランプ暴露本で明かされた「ヅラ疑惑・ハゲ隠し」の真相

国際情報

2018.01.15 07:00  週刊ポスト

トランプ暴露本で明かされた「ヅラ疑惑・ハゲ隠し」の真相

話題の本の内容は?(ABACA PRESS/時事通信フォト)

 世界中から注目されるトランプ大統領の暴露本『FIRE AND FURY』。初版25万部は飛ぶように売れ、早くも増刷が決定した。何がそこまで話題なのか──読んでみると、日本の新聞やテレビではとても取り上げられない過激内容のオンパレードだった。

 同書は『USAトゥデイ』コラムニストであるマイケル・ウォルフ氏が、トランプ氏の首席戦略官兼上級顧問だったスティーブ・バノン氏ら200人以上に取材して書き上げたものだ。『結局、トランプのアメリカとは何なのか』の著書がある在米ジャーナリストの高濱賛氏が言う。

「トランプ氏は『ウォルフは話をでっち上げた』と内容を全面否定していますが、それがかえって真実味を強める結果になっています」

 日本のメディアでもその内容は報じられているものの、紹介された内容はごく一部だ。同書を読んでみると、興味深いエピソードがあった。

●「ハゲ隠し手術」の真相

 同書は“トップシークレット”にも踏み込んだ。著者がトランプ氏の長女・イヴァンカ氏の友人に取材したところ、こう暴露している。

〈「イヴァンカは『父は“スカルプ・リダクション”という手術を受けている』と言っていた」〉

 スカルプ・リダクションとは、毛髪がない頭頂部の皮膚を切り取って周囲の髪の毛がある部分の皮膚を縫合することで薄毛を隠す外科手術。“カツラ疑惑”を追及された際に髪の毛を引っ張って地毛と主張したトランプ氏だが、そんなカラクリがあったのか。

関連記事

トピックス