• TOP
  • 芸能
  • 阿部寛、初の刑事役に対し「挑戦しないと自分が腐っていく」

芸能

2018.01.27 07:00  週刊ポスト

阿部寛、初の刑事役に対し「挑戦しないと自分が腐っていく」

モデルから俳優に転身して30年

 ここ10年ほどの阿部寛(53)の活躍はめざましい。『TRICK』、『坂の上の雲』、『テルマエ・ロマエ』、『下町ロケット』と次々と代表作となる作品に出演してきた。

 2010年にTBSドラマとして始まった東野圭吾原作の「新参者シリーズ」もまた、阿部にとっては、代表作品となった。そのシリーズが、1月27日に公開される映画『祈りの幕が下りる時』(福澤克雄監督 東宝系)をもって完結する。

 実は、阿部はこのシリーズで初めて刑事役に挑戦している。それまでは依頼を断わり続けてきていたのだ。

「刑事ものは色がつくので避けているようなところがあったんです。でも、44、45歳になって、自分の人生経験も含めてそろそろやってみようかなと思った。この作品は、派手なアクションはなくて静の芝居だから心が必要になるし、自分にそれが出せるか怖かったんですけどね。一歩間違えば、地味になっちゃうし、格好いいだけで終わっちゃうし、どう人間味を出し、映像に耐えうるものとするか、そこに腐心しました」

 日本橋署の刑事・加賀恭一郎を演じ続ける間に阿部は50代を迎えた。40代とは何が変わったのだろうか。

関連記事

トピックス