• TOP
  • ライフ
  • 60歳からの間違えないクルマ選び アラ還評論家が対談

ライフ

2018.01.31 16:00  週刊ポスト

60歳からの間違えないクルマ選び アラ還評論家が対談

フリーライターの清水草一氏

 シニアはどんな「終のクルマ」を選ぶべきか。レースドライバーとして活躍し、幅広い見識を持つ国際自動車ジャーナリストの清水和夫氏(63)と、これまでに40台以上のクルマを購入し「自動車を明るく楽しく論じる」のがモットーのフリーライター・清水草一氏(56)が、間違いのないクルマ選びを指南する。

草一:昨年、若い頃あこがれていたフェラーリ328を買ったんですが、ゆっくり走っても満足できるクルマっていいなあ、としみじみ感じていますね。

和夫:私は懐古趣味ではないけど、1999年式のメルセデス・ベンツE55 AMGを昨年、衝動買いした。トローッとした乗り味が20年ほど前のクルマとは思えないほど心地いい。最近の高性能なクルマはアドレナリンを一気に噴き出させて瞬間的に終わる感じだけど、このクルマはじわ~っと絶妙に出てくる。

草一:いずれも発売当時はバカッ速いクルマだったのに、時の流れが自然とそういう気持ちにさせるというか、今この年で乗ればスローライフを楽しめるクルマです。

和夫:私が18歳で免許を取って初めて乗ったのが“ハコスカ”と呼ばれた日産スカイライン(3代目)で、若葉マークなのにラリー仕様にガンガン改造した思い出が……あの出会いが人生を変えた。

草一:僕が学生の頃憧れたのもスカイラインでしたね。6代目のR30といって、今見るとやたら角ばっていてダサいんですが、それが“昭和の心”というか。今のクルマとは違い、古いクルマは街の人が温かい目で見てくれますよね。

和夫:今時のイケイケ女より、八千草薫とか吉永小百合が持つような魅力ですよ(笑い)。街中で乗っていてもそれくらいみんなの眼差しが温かい。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス