芸能

藤竜也 「映画を撮ることは母の胎内で遊ぶような感覚」

酒を愛し、愛煙家でもある藤竜也


「映画の撮影中は永遠に終わりがこないんじゃないかと思うほど苦しくて、楽しくてうきうきするような現場に出会ったことなんて、いっぺんもない。それほど苦しいのに、これが楽しいんですよ。なぜなら映画は、僕の第二の母みたいなものだから。本名の僕ではない、役者『藤竜也』を産んでくれた。だから映画を撮ることは母の胎内で遊ぶような感覚なのかな。年寄りの役はたくさんないから歳を重ねた僕は心配だけど(笑い)、こうして生きている限りはずっと映画に出続けたいね」

 微笑みながら穏やかにそう語り、ようやくくつろいだ表情で、大好きな煙草をおいしそうにくゆらせた。

【PROFILE】ふじ・たつや/1941年、中国・北京生まれ、横浜育ち。1962年に日活映画『望郷の海』でデビュー。『愛のコリーダ』(1976年)で報知映画賞最優秀主演男優賞、『村の写真集』(2005年)で上海国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞。近年は北野武監督作品『龍三と七人の子分たち』(2015年)、倉本聰脚本ドラマ『やすらぎの郷』(2017年)などに出演し、話題を集める。なら国際映画祭の映画制作プロジェクト「NARAtive」作品『東の狼』は昨年の第30回東京国際映画祭でも特別上映され、2月3 日より全国順次公開。秋には『CHEN LIANG』の公開を控える。

■撮影/江森康之 ■取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2018年2月9日号

関連記事

トピックス