• TOP
  • 国際情報
  • 国に恋を引き裂かれたイギリスの王女 薬物依存の波乱人生

国際情報

2018.02.11 07:00  女性セブン

国に恋を引き裂かれたイギリスの王女 薬物依存の波乱人生

“恋多きプリンセス”と呼ばれたマーガレット王女

 秋篠宮家の長女・眞子さま(26才)と小室圭さん(26才)のご結婚関連行事が再来年に延期となった。昨年12月、小室さんの母・佳代さんが元婚約者A氏との間に借金トラブルを抱えていたという『週刊女性』の報道を発端として、「小室家の過去」を指摘する記事が相次いでいる。これらのスキャンダルが結婚延期に影響したことも否定できないだろう。

 ロイヤルファミリーの結婚や恋愛に関する問題は、日本だけではない。英王室では歴史に残る恋愛トラブル「王冠を懸けた恋」があった。

 エリザベス女王の叔父で、1936年に国王の座に就いたエドワード8世は、2度の離婚歴があるシンプソン夫人との親密な関係が明らかになり、英国中に激震が走った。

 離婚を認めていなかった英国国教会や政府は猛反対。当時の英首相は「国王の問題は王制そのものを危険にさらす」と進言したほどだった。「妻と国家のどちらを選ぶか」と迫られたエドワード8世は、1936年、「愛する女性の助力がないままでは王位をまっとうできない」と王冠を捨てたのだった。

 恋に翻弄されるのは、男性王族ばかりではない。『ローマの休日』のモデルともいわれている、エリザベス女王の妹・マーガレット王女(享年71)は、第二次世界大戦で“空の英雄”と称えられたタウンゼント大佐に魅せられ恋に落ちた。彼は既婚者だったが、マーガレット王女は想いを抑えることはできなかった。1953年、エリザベス女王の戴冠式で大佐の制服のチリをマーガレット王女がそっと取っている姿がカメラに捉えられ、2人の“禁断の恋”が発覚してしまう。

 前述のエドワード8世の退位ショックを引きずっていた英王室や政府は2人の結婚に猛反対。もし結婚したら、王位継承権など、王族としての権利をすべてはく奪すると宣告され、結局、王女は「大佐と別離を決心しました。私事よりも王女としての義務に生きます」という声明を、公共放送であるBBCを通じて発表する異例の事態となった。ヨーロッパの王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんはこう説明する。

「国によって恋に終止符を打たされたマーガレット王女は、別の男性と結婚するも離婚。その後は17才年下男性との不倫やドラッグ依存に陥るなど、波乱の人生を送りました」

 英王室だけではない。オランダのアレクサンダー国王(50才)の妻・マキシマ王妃(46才)も出自を問題視されたプリンセスである。

関連記事

トピックス