• TOP
  • 芸能
  • フジテレビに「2・12ショック」 振り向けばMX状態とも

芸能

2018.02.18 16:00  NEWSポストセブン

フジテレビに「2・12ショック」 振り向けばMX状態とも

「テレビというのは番組そのものが面白いことも重要ですが、そのチャンネルをその時間帯に見る習慣というのがかなり大きく影響します。『笑点』『世界の果てまでイッテQ!』を軸に、日曜日の夕方から夜中まで、視聴習慣を味方につけている日本テレビの強さを見れば一目瞭然です。月曜日の夜といえば、かつてはフジテレビが視聴者の習慣を味方につけていました。月9ドラマから『SMAP×SMAP』(スマスマ)は鉄壁だった。ところが、まずドラマが視聴者から飽きられ、スマスマは終わってしまった。その局の番組を見るという習慣をいったん無くすと、取り戻すのは難しいですよ」(在京キー局番組編成担当)

 実は、長期の視聴率全体を見るとフジテレビは民放5局中4位でテレビ東京よりも順位は上なのだが、2017年4~9月期決算によると、民放キー局で唯一、営業赤字を記録している。放送収入が前年同期より87億円、8.7%も減って下落したことが原因で、放送時間枠を販売するタイム広告は14.5%、番組の間に流すスポット広告も4.9%マイナスを記録している。低視聴率と赤字の両方を抱えているため、肉薄されているのはテレビ東京ではなく、さらに規模が小さいMXテレビではないのかと囁かれるほど窮地にあるのだ。

 とはいえ、光明がないわけではないという。月曜日のフジテレビには、19時から『ネプリーグ』という人気番組があるからだ。一週間ぶんの視聴率を調べると、フジテレビでいま、高い確率で二桁の視聴率をとれるのは『サザエさん』(日曜日18時30分~)、『VS嵐』(木曜日19時~)、『ネプリーグ』(月曜日19時~)の3番組。振り向けばMXなどという不名誉なキャッチフレーズを増幅させた2月12日(月)も、『ネプリーグ』は11.7%を記録していた。

「人気の『ネプリーグ』視聴者に、続けて見てもらえる編成を目指すんです。このところずっと、月9ドラマがブレーキになっている状態ですから、思い切ってドラマではないものをで繋げていくのもひとつの考え方だと思いますよ」(同前)

『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてる!』『ウチくる!?』など、いくつもの長寿バラエティ番組の3月終了が決まっているフジテレビ。「どエライ」事態の今だからこそ、大胆な変革に打って出られるか。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス