スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

相撲協会執行部が進める貴乃花一門の掃討戦は続行中

2018.03.07 07:00

 春場所での復帰を目指し、稽古に励む暴行事件の被害者・貴ノ岩(十両12)。3月11日に初日を迎える大

 春場所での復帰を目指し、稽古に励む暴行事件の被害者・貴ノ岩(十両12)。3月11日に初日を迎える大相撲春場所を前にして、2月26日の夕方、大阪郊外のシティホテルで貴乃花部屋の秘密決起パーティが開かれていた。そこで貴乃花親方は、親しい人たちと談笑する時に「これから俺は何でもできますよ!」と熱く語る一幕もあったという。ただ、その貴乃花親方をとりまく状況に微妙な変化があるのも事実だ。

〈貴乃花一門 激励会 入場券〉と印字された1枚のチケットがある。日付は3月3日だ。

「貴ノ岩の誕生日(2月26日)に行なわれた貴乃花部屋の力士激励会とは別に、2015年以降は毎年、貴乃花一門の激励会が行なわれてきました。過去には一門に所属する親方衆に加え、高砂一門の九重親方(元大関・千代大海)や昨年末に時津風一門を離脱した錣山親方(元関脇・寺尾)、出羽海一門の山響親方(元前頭・巌雄)らが出席したこともある。

 ところが、今回は事前に貴乃花親方サイドから“貴乃花部屋以外の親方や関取は出席しない”と連絡があったのです。チケットは1月のうちに『一門』の文字を入れて印刷してしまったが、2月の理事選で一門の親方衆が貴乃花親方ではなく阿武松親方(元関脇・益荒雄)に票を投じたことで、一門に亀裂が生じたということなのでしょうか……」

 後援会関係者の一人はそう眉間にしわを寄せた。実際、執行部は貴乃花一門の“分断工作”を進めているとみられているのだ。

「春場所後には新理事の互選で理事長が選ばれますが、選挙になるとすれば貴乃花一門の阿武松親方を山響親方が推薦した場合に限られる。そこで八角理事長サイドは2人を懐柔し、無投票に持ち込んで“協会の一枚岩”を世間にアピールしようとしている」(協会関係者)

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP