• TOP
  • 国内
  • 大阪民泊殺人、米国人容疑者の過去と優秀だった被害女性

国内

2018.03.09 16:00  女性セブン

大阪民泊殺人、米国人容疑者の過去と優秀だった被害女性

「JAY」ことバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者

 日雇い労働者のための簡易宿泊所がズラリと建ち並ぶ大阪市西成区。2月24日、その一室で若い女性が変わり果てた姿で見つかった。

 異臭が立ちこめる6畳ほどの部屋には、そのにおいを隠そうとしたのか、ほんのりと消臭剤の香りが漂っていた。腐臭と消臭剤のにおいが混じり合い、ただならぬ雰囲気を醸し出していたという。そして突入した捜査員が部屋に放置されたスーツケースを開けると、そこには首から下が切断された女性の頭部が詰め込まれていた。近所の住民が言う。

「最近は外国人利用者が“ヤミ民泊”として利用しとった。事件が起こる直前にも若くて男前な外国人が大きなスーツケースを持って建物内に入るのを見たんや。こないな小汚い所にカッコいい外人さんも来るんやなと思ってたけど、もしかしたらあのケースに生首が入っていたかもしらんと思うとゾッとするわ…」

 凄惨なバラバラ殺人の被害者となったのは、兵庫県三田市内で暮らす会社員の女性(享年27)。死体損壊・遺棄の疑いで逮捕されたのは、米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26才)だ。

「容疑者は1月に関西空港から“滞在90日以内の観光目的”で入国。その後、関西地方のJR沿線にある4か所の民泊施設を転々としていたようです」(全国紙社会部記者)

 マッチングアプリ『Tinder』を通して、メッセージのやり取りをした2人は2月16日午前0時頃、大阪市森ノ宮駅付近で待ち合わせた。

「バシリエビチ容疑者は女性に強引に『会いたい。自宅まで行く』と迫っていた。でも、彼女は『それは無理だから私が行く』と出かけたようです。この直前、彼女は友人に『JAYに会う』と言い残しています。容疑者は『JAY』と名乗っていたようです」(捜査関係者)

“初対面”した2人は冒頭の宿泊所とは別の東成区の民泊マンションへ移動した。

「駅前に設置された防犯カメラに2人と見られる男女が、マンションへ向かって歩く姿が映っていました。横に並んで、同じくらいの速さで歩く姿からは初対面のぎこちなさは感じられなかった。マンションの防犯カメラにも、2人が建物に入っていく様子が残っていた」(捜査関係者)

 だが、この姿を最後に、彼女の電話は電源が切れ、連絡がつかなくなった。

関連記事

トピックス