• TOP
  • 芸能
  • なぜ劇団四季の公演は飽きないのか…主演とスタッフが明かす

芸能

2018.04.20 07:00  週刊ポスト

なぜ劇団四季の公演は飽きないのか…主演とスタッフが明かす

主演の谷原志音(山崎力夫(C)Disney)

 人魚姫のアリエルが人間の王子様に恋をする「劇団四季」公演のディズニーミュージカル『リトルマーメイド』。2013年に日本で初演し、先月には通算公演回数2000回を突破したロングラン作品に成長した。今回は主役・アリエルを演じる女優の谷原志音と俳優兼スーパーバイザーの礒津ひろみ氏、そして四季株式会社取締役(技術・劇場担当)の近藤建吾氏に、観る者を魅了する理由を聞いた──。

礒津:幕が開くと、アリエルが優雅に泳ぐ、きらめく海の世界が広がります。水中から始まるお芝居はなかなかないので、ここで客席が“わっ”と驚きます。

谷原:泳ぎはフライング(ワイヤーを使用して宙乗りする舞台演出)で表現していて、高さ7メートルまで上がることもあるんです。階段など足元に何もなく空中に浮かびながらビッグナンバーを歌う役は、アリエル以外ではなかなか体験できない。高い場所では楽しくて必ず下を見てしまいます(笑い)。“わぁ、ここまで来た”って。

近藤:このフライングはコンピューター制御されていて、俳優が動きを合わせているんですよ。

谷原:地面に着くタイミングがわずかでもずれると、バランスを崩してしまう。合わせるのがすごく難しかったですが、今では久しぶりの出演でもスッと自然に泳げます。

礒津:体に動きが入ったのね。

関連記事

トピックス