• TOP
  • 国内
  • 「成人年齢引き下げ」論議が象徴する“日本のIQ”の衰え

国内

2018.05.03 16:00  週刊ポスト

「成人年齢引き下げ」論議が象徴する“日本のIQ”の衰え

成人年齢引き下げは何が問題か

 先日、滋賀県彦根市で19歳の警察官が拳銃で上司を撃ち殺すという事件が起きたが、未成年だからと匿名報道が続いている。18歳選挙権がすでに実施されているのに、19歳で警察官も勤めている容疑者が、杓子定規に少年として匿名にされていることについて議論も起きている。成人年齢の考え方に潜む日本の問題について、経営コンサルタントの大前研一氏が考察する。

 * * *
 このところ日本という国の行政能力の劣化を象徴するニュースが相次いでいる。財務省の公文書改竄やセクハラ問題しかり、防衛省の自衛隊日報隠蔽問題しかり、文部科学省の前事務次官の授業内容報告要請問題しかりである。

 個々の議論はともかく、本質的な問題は政治家と官僚の総体的な能力低下にほかならない。いわば日本という国家の「集団IQ」が衰え、思考能力がなくなっているのだ。これは実にシリアスな問題である。

 さらに例を挙げれば、3.11からの復興の遅れをはじめ、全く使えないマイナンバー制度、すでに忘れ去られたプレミアムフライデー、税金の無駄遣いでしかない公務員の定年延長、21世紀に対応できない学習指導要領改訂案、失敗が目に見えているIR実施法など、枚挙に暇がない。国だけでなく東京都でも、大騒ぎした東京五輪の競技会場問題や築地市場の豊洲移転問題、人気取りの私立高校無償化など、あまりにもお粗末で失笑を禁じ得ない。

関連記事

トピックス