• TOP
  • 芸能
  • 有働由美子アナ 所属事務所のギャラ取り分は破格

芸能

2018.05.11 07:00  女性セブン

有働由美子アナ 所属事務所のギャラ取り分は破格

妹家族との食事の前にはウインドーショッピングを楽しんでいた

 都内の目抜き通りから1本入った場所にあるそのダイニングレストランは、店自慢の醸造設備で作ったできたてのクラフトビールが味わえる人気店だ。5月上旬の夜、広々としたガラス張りの店内で、目の前に並んだ6つのグラスに注がれたビールの飲み比べをしていたのは、有働由美子アナウンサー(49才)だった。

 今年3月末をもってNHKを退局した有働アナ。早朝出勤の『あさイチ』担当中はお酒を口にすることは少なかったが、暖かい夜風にも誘われ、その晩はお酒がすすんだようだ。

「一緒にいたのは有働さんの妹さん家族だったみたいです。有働さんの隣には甥っ子さんが座っていて、食事を取り分けてあげていました」(居合わせた人)

 赤いカットソーにデニムのパンツにこの春新作のピンクのスニーカーをあわせ、足取りは軽やかだった。

 フリー転身後の去就に注目が集まっていたが、新たな所属事務所が決まったことで、心も軽やかだったのかもしれない。4月26日、有働アナはマツコ・デラックス(45才)やお笑いコンビのくりぃむしちゅーが所属する芸能事務所入りを発表した。

「複数の大手事務所が熾烈な獲得争いをしていて、有働さんもギリギリまで悩んでいたようです。決め手となったのは事務所の女性社長の説得とマツコさんの後押し。その事務所はくりぃむしちゅーの上田さん、有田さん、マツコさんともう2人所属タレントがいるだけで、社員も数人で、業界のしがらみが少ない。本人の意向に沿わない仕事は入れないし、出演ギャランティーの取り分も破格といいます。タレントというよりジャーナリスト志望の有働さんのニーズに合ったようですね」(芸能関係者)

 有働アナとマツコは昨年放送の『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』(NHK)で共演して以来、すっかり意気投合。

「芸能界の仕組みを、マツコさんが説明したそうです。これまで局アナだっただけに、有働さんはそういう面には疎かったようで。けっこう興味津々の様子で聞いていたみたい。今後はマツコさんやくりぃむさんに倣ってバラエティーのMCを務めることもあるかもしれませんね」(別の芸能関係者)

 取材を進めると、「メジャーリーグの大谷翔平選手(23才)のインタビュー企画が進行中」(テレビ局関係者)という驚きの情報も。新天地での活躍を誓う“大型新人”同士、意外に気が合いそうだ。

※女性セブン2018年5月24日号

関連記事

トピックス