• TOP
  • ライフ
  • カレーの新トレンド「南インドカレー」実力派の名店2店

ライフ

2018.05.24 07:00  週刊ポスト

カレーの新トレンド「南インドカレー」実力派の名店2店

「ヴェヌス サウス インディアン ダイニング」はオープンキッチン(撮影/岩本 朗)

 日本人が愛してやまない国民食・カレー。ブログ「カレーですよ。」にて4700件以上の食べ歩き記事を掲載し、これまでに1万食以上のカレーを食したはぴい(飯塚敦)氏は「こういうカレーもあるのか!!という新しい味、そうそうこれだよ!!という王道の味。両方と出会える楽しみがカレー探訪にはあります」と語る。

 同氏が最近のトレンドとしてまず挙げるのは、南インドカレー。油控えめで野菜を豊富に使うヘルシーさが特徴で、ここ6~7年で人気が定着したという。

「日本では北インド料理を出す店が主流なので、読者の方にはまだ馴染みが薄いかもしれませんね。バターやクリームを多用するリッチな北インドカレーとは異なり胃もたれしないので、中高年の方にもおすすめです」(はぴい氏、以下「」内は同氏)

 ここでは、南インドカレーを提供する東京の実力派の2店を紹介しよう。

●ヴェヌス サウス インディアン ダイニング(錦糸町)

 インドの超高級ホテル、麹町の老舗インド料理店「アジャンタ」、銀座の有名店「ダルマサーガラ」と、名だたる名店で腕をふるってきた実力派のインド人シェフが、2015年にオープンした店。油控えめで野菜たっぷり、消化促進や疲労回復に効果的なスパイスをたっぷり使ったヘルシーな南インド料理を提供する。

 中でも注目は、「キリがいいから」と1000円で大盤振る舞いするランチブッフェ。肉や魚のカレー2種と野菜のカレー2種、ナン、ライス、サラダ、デザートが食べ放題で、カレーの種類は毎日変わる。そのレパートリーは200種類以上あり、週に2~3回のペースで通う常連も決して飽きさせない。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス